医療レーザー脱毛は、どんな状態の肌でも行えるというものではなく、特に控えなければいけないのが日焼けをしているときです。

これから脱毛を検討している人は医療レーザー脱毛のメカニズムを充分に理解した上で、正しい方法で脱毛を行うようにしましょう。

今回は、医療レーザー脱毛の仕組みをはじめ、日焼け直後だと医療レーザー脱毛ができない理由や注意点日焼け直後でも施術可能な医療レーザーについても紹介します。

日焼け肌で医療レーザー脱毛が受けられない理由

日焼け後の肌で医療レーザー脱毛が受けられない理由は、医療レーザー脱毛のメカニズムにあります。以下に医療レーザー脱毛のメカニズムを説明します

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の仕組みは、メラニン色素の黒い色に反応するレーザーを脱毛箇所に照射し、熱エネルギーで毛根を破壊する脱毛方法です。

このため、日焼け後にメラニンが大量に増え過敏になっている肌にレーザーを当てると、火傷やシミ、ソバカスが起こりやすく、色素沈着の原因となるため、基本的に日焼けをしている肌にレーザー脱毛を行うことができません。

また、日焼けをしてメラニン色素が活性化している状態の肌にレーザー光を照射すると、毛の黒色(メラニン色素)だけでなく、肌の黒さにも反応してしまうのでレーザーの出力を十分に上げることができず効果が低くなってしまう傾向があります。

どの程度の日焼けまでなら施術できる?

脱毛時は日焼けNGという理由が分かったものの、「日焼けをした」という感覚は人それぞれです。

また、しっかりと日焼け対策を行っていても、日差しの強い夏場はジリジリと強い紫外線を浴びてしまい、買い物や通勤、通学など、日常生活レベルで受ける紫外線でも、上記のようなトラブルを引き起こすリスクはあるのか気になるところですよね。

基本的に、レーザー脱毛中の日焼けに関しては、肌が黒くならない程度であれば特に問題なくプールや海などで長時間肌を露出するような行為はNGですが、日常生活レベルの外出であればさほど神経質になる必要はありません

但し、日焼けに関しては素人では判断できない分野でもあるので、主観的に判断せず、事前のカウンセリングで、どの程度の日焼けなら施術OKなのかを確認しておきましょう。

医療レーザー脱毛中の日焼けに関する注意点

日焼け後、医療レーザー脱毛できるまでの期間

施術時の日焼けに関しては、まずは施術可能であるかどうか医師の診察で確認してからの判断となります。一般的に、海やプールなど強い紫外線を長時間浴び、真っ黒な肌に焼けてしまった場合2~3か月程度空けてからの施術となります。

医療レーザー脱毛後も日焼け厳禁

施術直後の肌は、非常に敏感な状態になっています。肌のバリア機能もかなり弱まっているので、日焼けすることは肌に大ダメージを与えかねない危険な行為です。

もし、施術後に日焼けをしてしまうと炎症を引き起こしたり、ひどくなると色素沈着になってしまい一生消えないシミとなってしまうので要注意です。

施術後は、UVクリームやサングラス、日傘、帽子など、日焼けアイテムを活用してしっかりと紫外線対策をして肌を守りましょう。

色黒・地黒肌の人も医療レーザー脱毛NG?

日焼け肌と同様、色黒や地黒肌の人も、医療レーザー脱毛は受けられないのでしょうか?

この場合、ケースバイケースで、多くのクリニックでは脱毛希望者の肌の色素測定を事前に行い、色素数値に基づいて脱毛できるかを決定します。

生まれつき肌の色が濃く、測定で基準値を超えてしまった場合、日焼け肌と同様、火傷や色素沈着などのリスクを伴うという理由で、脱毛を断られてしまうこともあります。

しかしレーザーの中には、肌の色に関係なく施術ができる脱毛機器もあるので、事前にチェックしておくと安心ですね。以下に、日焼け肌や色黒の肌でも脱毛できる医療レーザーを紹介するので、是非参考にしてみてください。

日焼け肌がOKな医療レーザー脱毛

上記にも紹介した通り、従来の医療レーザー脱毛と言えば、黒い色(メラニン色素)に反応する光エネルギーを利用するタイプの脱毛方法だったのでメラニン色素が多い日焼け肌や色黒の肌の人は、火傷や色素沈着など様々なリスクを伴うことや脱毛効果も薄れてしまうなど、多くの問題がありました。

しかし最近では医療レーザー脱毛の機器も進化し、日焼け肌や色黒の人でも医療レーザー脱毛が受けられる機種も出てきました。

以下に、メラニンに反応せずに施術を行うことができる最新医療レーザー脱毛の機種ソプラノメディオスターNextについて説明します

ソプラノの仕組み

ソプラノは、光エネルギーを脱毛箇所に繰り返し照射することで熱を溜め、その熱で脱毛を行う方法です。

ソプラノの場合、1回の照射面積が広いため、痛みが一点に集中することがなく、「肌が熱くなってきた」と感じる程度なので、従来の医療レーザー脱毛のような強い痛みを感じることはありません。

また、メラニンに働きかける仕組みではないので、日焼けや色黒の人もノーリスクで施術を受けることができます

メディオスターNextの仕組み

メディオスターNextは、「バルジ」と呼ばれる発毛因子を破壊することで脱毛する新しいタイプの医療レーザー脱毛機器です。従来のレーザーのように毛根を熱エネルギーで破壊するわけではないので、毛周期に関係なく脱毛できるのもメリット。

メディオスターは肌色を選ばないマシンなので日焼け肌や色黒肌でも照射可能です。

ソプラノとメディオスターNextを導入しているクリニック

残念ながらソプラノやメディオスターNextを導入しているクリニックはまだまだ少ないですが、レヴィーガクリニックはソプラノを導入している代表的なクリニックです。

レヴィーガクリニック

レヴィーガクリニックの詳細

新しい機種なので費用が高いのかな?というところが気になりますが、実は従来の医療レーザー脱毛の料金とほとんど変わりません。

地黒肌で医療レーザー脱毛するなら、ソプラノかメディオスターNextを導入しているクリニックをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

医療レーザー脱毛を受けるにあたり、施術の前だけなく、施術後の日焼けも控えるなど、上記の注意点を守り、しっかりと紫外線対策を行いましょう。万が一、施術前に日焼けをしてしまったら、まずはカウンセリングを受け、施術が受けられるかどうかを確認することが先決です。

また、日焼け後、すぐにでも医療レーザー脱毛を受けたいという人や元々地黒な人は、肌トラブルのリスクがなく、スピーディにかつ確実な脱毛効果が期待できるソプラノやメディオスターNextでの脱毛がおすすめです。

残念ながらソプラノやメディオスターNextを使用しているクリニックはまだ少ないのが現状ですが、価格に関しても従来の医療レーザーとほとんど変わらないので、ぜひ導入しているクリニックをチェックしてみてください。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】