医療レーザー脱毛で使用されるレーザーの種類は、大きく分けてダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーが主流です。

ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの違いと、それぞれのレーザーを導入しているクリニックをご紹介します。

【最新版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】

ダイオードレーザーとは?

ダイオードレーザーは、ルミナス社の半導体を利用した近赤外線という黒い色素(メラニン)のみに反応する波長のレーザーを照射します。

レーザーのエネルギーは毛根に照射されると瞬間的に光熱を生じ、毛根に接する毛包や毛乳頭を焼灼し、ムダ毛の再生機能をなくし脱毛するという仕組みです。

照射する部分の先っぽには、クーリングチップが取付られ、冷却しながらの脱毛ができるため火傷の心配がありません。

また、照射口はサファイアガラスでできているため、耐久性・耐熱性に優れ、肌に押しつけて照射もできるので、しっかりと皮膚の深い所にある毛根へもエネルギーを伝えることができます。

ダイオードレーザーの照射範囲は最大級です。しかも、四角形になっているので、照射の際の打ち漏れが少なく、操作が簡単で、施術者の技術に左右されずキレイに脱毛できるというメリットもあります。

安全面でも、1994年、アメリカのFDAよりあらゆるスキンタイプに適した永久減耗の認可を受けており、安全性が認められています。アレキサンドライトレーザーよりも、日焼けした肌や色素沈着の多い肌に対しても適応できるということです。

痛みは、輪ゴムで弾かれる程の低刺激で、アレキサンドライトレーザー脱毛と比べて、痛みが少ないと感じる人が多いようです。

ダイオードレーザーの代表的な機種

  • ライトシェアデュエット(LightSheer DUET)
  • ソプラノ(SOPRANO)

ダイオードレーザーを導入しているクリニック

アレキサンドライトレーザーとは?

アレキサンドライトレーザーは、米国キャンデラ社製のアレキサンドライトという宝石を用いたレーザーです。
レーザーは黒い色素(メラニン)に吸収され、毛根を破壊します。

レーザー照射時には、冷却ガスをあてて、皮膚表面を保護します。皮膚の表面に傷を残すことなく、安全に脱毛をすることができます。
冷却にジェルを使わないので、脱毛するときに塗られるジェルが不快という方におすすめです。

アレキサンドライトレーザーは、もともと刺青治療に使用されていたように、メラニン色素に有効な波長を出すため、シミ・ソバカスなどの色素沈着やシミ、あざ、にきび跡にも効果があります。

さらに、肌のコラーゲン産生を促進し、開いた毛穴の引き締めの効果もあります。

痛みは、輪ゴムで弾かれたような感じだと表現されますが、バチっという音も伴うため、怖いと感じる人もいるようです。

安全面では、2000年、米国FDAよりあらゆるスキンタイプに適した永久減耗の許可を受け、安全性が認められています。

アレキサンドライトレーザーの代表的な機種

  • ジェントルレーズ(Gentle LASE)
  • G-Max
  • アポジーエリート
  • エリートMPX

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニック

ダイオードとアレキサンドライトの違い

ダイオードとアレキサンドライトどちらが効果ある?

ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは、基本的には脱毛効果に違いはありません。

ただし、細い毛や産毛にはダイオードレーザーの方が効果があります。

細い毛ほど、医療レーザー脱毛機器の出力を上げて脱毛する必要がありますが、火傷のリスクがあるので、医療レーザー脱毛機器は一定以上の出力に上げないようにクリニックでは取扱いがされています。

ダイオードレーザーの場合、照射ヘッドに冷却装置が付いており皮膚を直接冷やしながら脱毛できるため、火傷せずにアレキサンドライトより高い出力で脱毛することができます。

つまり、ダイオードレーザーは細い毛や産毛を脱毛できるくらい高い出力を出せるので、ダイオードの方が細い毛や産毛の脱毛に効果があるというわけです。

効果以外の違いついては、ダイオードレーザーの方が照射範囲が大きく、痛みが少なく、日焼けした肌でも対応できるメリットがあります。

アレキサンドライトレーザーの方は、コラーゲン産生を促進する効果があるため、同時に美肌効果も期待できるというメリットがあります。

ダイオードとアレキサンドライトどちらが痛みが少ない?

一般的にダイオードレーザーの方が痛みが少ないと言われています。

特に、ダイオードレーザーの最新機種であるライトシェアデュエットソプラノは痛みが少ない機種として有名です。

痛みに敏感な部分を脱毛するなら、ライトシェアデュエットかソプラノを導入しているクリニックで脱毛することをおすすめします。

VIO脱毛するならダイオード?アレキサンドライト?

デリケートゾーンは体中で最も痛みに敏感な部位です。

ですので、VIO脱毛するなら、痛みが少ないダイオードレーザーを導入しているクリニックをおすすめします。

【最新版】VIO医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

顔脱毛するならダイオード?アレキサンドライト?

顔は他の部位よりも産毛や細い毛が多い部位です。

したがって、顔の脱毛するなら、細い毛や産毛の脱毛に適しているダイオードレーザーを導入しているクリニックをおすすめします。

【最新版】顔の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

全身脱毛するならダイオード?アレキサンドライト?

全身脱毛プランに顔とVIOを含むのであれば、上記の理由からダイオードレーザーを導入しているクリニックをおすすめします。

ただし、全身脱毛はしたいけど、顔とVIOは脱毛しないというケースであれば、アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックでもよいでしょう。

【最新版】全身の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

髭脱毛するならダイオード?アレキサンドライト?

女性の顔の産毛に比べて、男性の髭は太くて硬い剛毛ですね。

ですので、アレキサンドライトレーザーでも十分な脱毛効果を得られます。

ただし、毛が太くて硬いほど、医療レーザー脱毛の痛みが強くなります。

もし、なるべく痛みを抑えたい場合は、ダイオードレーザーを導入しているクリニックでヒゲ脱毛する方がよいでしょう。

【最新版】メンズ髭脱毛料金を徹底比較!一番最安値は?

まとめ

  • ダイオードとアレキサンドライトで基本的な脱毛効果に違いは無い
  • ただし細い毛や産毛にはダイオードの方が効果がある
  • ダイオードレーザーの方が痛みは少ない

【最新版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】