脇は、女性にとって気になるムダ毛No.1の部位。特に、これから春夏シーズンに向け、安心して肌を露出するためにもきれいにお手入れしておきたいところですよね。

ただ、間違ったやり方で脇毛処理を行うと毛穴や肌に大きな負担をかけ、色素沈着や肌の炎症、埋没毛など様々なトラブルの原因となります。まずは、自己処理による肌トラブルの原因を把握した上で安全で正しい自己処理を行うことが大切です。

そこで今回は、自己処理による脇の肌トラブルの原因や対処法、できるだけ肌に負担をかけない「正しい脇の自己処理方法」を紹介しますので参考にしてください。

【2017年10月版】ワキ脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

脇の自己処理後のトラブルの原因

自宅でできる脇毛の処理方法も色々ありますがそれぞれメリット・デメリットがあります。今回は、多くの女性が行っているカミソリ、毛抜き、電気シェーバーのメリット・デメリットをはじめ、生じやすい肌トラブルの原因について紹介します。

①カミソリ

自己処理による脇のムダ毛お手入れとして最もポピュラーなカミソリ、メリットは、1度に多くの毛を効率よく処理できることです。ただ、カミソリの場合、刃が毛と一緒に皮膚表面も剃り取ってしまうので肌への負担が大きく、それを修復するためにメラニンが大量に放出され肌が黒ずんでしまうリスクを伴います。

また、カミソリで深剃りしたつもりでも皮膚内に毛がポツポツと黒い点のように残ってしまったり、処理してもすぐにムダ毛が生え目立ってしまうという理由で、頻繁に処理する人も少なくありませんが、何度も同じところを剃ると、肌を傷つけ痒み、赤いプツプツ、乾燥など様々な肌トラブルが生じる可能性があるので要注意です。

②毛抜き

毛抜きはカミソリよりもさらに安価で入手でき、毛根から毛を引き抜くので、1度毛を抜くとまた次に毛が生えてくるまでに時間がかかり長持ちする点もメリットです。

一方デメリットは、1本毎の処理となるのでカミソリやシェーバーに比べ、時間や手間がかかり、非常に根気が要る作業となることです。

また、脇の下の皮膚は柔らかいので、毛抜きで無理やり引っ張ると、皮膚も一緒に引っ張られ、毛穴がプツプツと鳥肌のようになったり、毛穴が開いてしまうなど、肌や毛穴にかかる負担が非常に大きくなります。

さらに、処理後の出血や、炎症で赤いポツポツ、埋没毛など肌トラブルのリスクが最も高いため、脇毛の処理にはおすすめできません。

③電気シェーバー

電気シェーバーは、カミソリや毛抜きに比べ肌の負担が少なく、オウトツが多い脇部分でもダメージを最小限に抑えつつ、短時間で効率よく処理できるのがメリットです。また、カミソリや毛抜きに比べたら価格は高くなりますが、サロンやクリニックに通うより安く、本体を購入すればいつどこでも使える点もメリットです。

一方、デメリットは、カミソリのように深剃りができないことです。特に、毛が濃く太い人の場合、皮膚内に毛根が残った状態(黒いぷつぷつ)になり脇が黒ずんだように見える埋没毛を引き起こすリスクもあります。

また、負担が少ないとはいえ、電気シェーバーを肌に強く押し当てたり、頻繁に処理を行うと、やはり色素沈着などの肌ダメージにつながる恐れもあるので注意が必要です。

肌ダメージの少ない正しい脇の自己処理の方法

上述したように、カミソリ・毛抜き・電気シェーバー、いずれの方法でも肌に負担がかかり、様々な肌トラブルのリスクを伴いますが、毛抜きで抜くよりは剃る方が肌に負担が少なく、1番おすすめなのは女性用の電気シェーバーです。

ただ、毛が濃く太い人で、電気シェーバーでは仕上がりが物足りないという人の場合、普段は電気シェーバーを使い、露出時のみカミソリでしっかりと深剃りするのもおすすめです。

以下に電気シェーバーとカミソリ、それぞれの正しい脇のムダ毛処理の方法のポイントを紹介します。

①カミソリの正しい使用方法

  • できれば肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめですが、どうしてもカミソリを使いたい場合は、清潔で切れ味のよいものを選びます。古いカミソリを使うと肌を傷つけたり埋没毛の原因ともなるので、常に新しいものを用意しましょう。
  • 特に剃り残しが黒いボツボツにならないようしっかりと深剃りしたい場合、5枚刃で回転するタイプが肌への負担が少なくおすすめです。
  • 複数の刃がついたカミソリは1枚刃のカミソリに比べ、肌への刺激や負担も大きいのですが、敏感肌用・複数刃のカミソリも市販されているので、自分の肌のタイプや好みに合ったものを選びましょう。
  • カミソリで脇を剃るときは、強く押し当てるのは肌を傷つけてしまう危険があるので、軽く肌に当て滑るように剃りましょう。また、脇毛は一定の方向に生えている訳ではないので、同じ方向に生えているブロック毎に分け、その部位を軽くつまんで剃るとよいでしょう。

②電気シェーバーの正しい使用方法

  • 電気シェーバーを使う場合、肌に刺激の少ない女性用の電気シェーバー(顔用)がおすすめです。(形状は男性用シェーバーと変わりませんが女性のデリケートな肌に優しい設計になっています)
  • 逆剃りの方がきれいに剃れるという理由で、逆剃りをする人も多いのですが、毛の流れに逆らってヘッドを動かすことで肌への負担となるので、カミソリと同様、毛の生えている向きに合わせて剃りましょう。
  • 肌へのダメージが少ない電気シェーバーであっても、肌に強く押し付けてしまうとヘッドが上手く機能せず、かえって剃りにくくなってしまい逆効果です。しっかりと剃りたい場合は、皮膚を軽く引っ張り毛を立たせた状態でシェーバーを軽く肌に付け剃っていくのがポイントです。

自己処理による肌トラブルの対処法

自己処理による肌トラブルを防ぐため、自宅で処理する際は、入浴後、あるいは蒸しタオルなどを使って肌を温め、毛穴が広がった状態で行うことがポイントです。

特に埋没毛の場合、毛が皮膚の中に埋まっている状態なので、傷が治まるまで保湿ローションや乳液による保湿ケアで皮膚を柔らかくしてあげる必要があります。また、抑毛ジェルなどを併用して毛の量を減らし、処理の回数をなるべく減らしていくのも効果的です。

ある程度、症状が治まってきたら女性用電気シェーバーでムダ毛を処理することで、埋没毛や炎症などの肌トラブルも徐々に収まってくるはずです。また、色素沈着対策として美白成分配合の乳液やローションを使うと保湿だけでなく黒ずみのケアにも有効です。

ただ、埋もれ毛をすぐにでも解消したいという方は、自分で処理せず、まずは皮膚科で処置してもらうのがベストです。埋もれ毛が完治した後は、肌トラブルのリスクを伴う自己処理を止め、脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けることが、安全で1番確実な方法としておすすめです

【2017年10月版】脇の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記には自己処理による肌トラブルの原因や正しい脇の毛の自己処理方法を紹介させていただきましたが、自己処理の場合、どうしても一時的な対処となってしまうので、継続的に処理し続ける忍耐や手間を要します。また、常に肌トラブルのリスクが伴う点も大きなデメリットです。

やはり、肌トラブルのリスクが少なく安全で、かつキレイに脱毛したいのであれば、脱毛サロンやクリニックに通いプロに処理してもらうのがベストです。

サロンやクリニックに通うとなると、それなりにお金もかかりますし、通う手間暇が面倒という理由で躊躇してしまう方も少なくないでしょう。

しかし最近では、脇脱毛のみであれば、かなりの低価格で施術を受けられるサロンやクリニックも増えています。また、ネットクーポンサイトで安く脇脱毛できるクーポンを上手に利用するのも手段です。

まずは、色々なサイトなどの口コミ評価を比較しつつ、気になるサロンやクリニックの無料カウンセリングやお試し体験を受け、実際に効果やスタッフの対応、雰囲気をチェックしてみるのもおすすめです。

【2017年10月版】ワキ脱毛の料金比較!一番安いサロンは?