指毛や手の甲のムダ毛が濃く悩んでいる女性は意外と多いです。一方、普段から見慣れている手のムダ毛に関しては、あまり気にならず、お手入れを怠り野放し状態という方も少なくないでしょう。

しかし、手は1年を通して露出しており、他人からは意外としっかり見られている部分でもあるので、普段から小まめにお手入れされることをおすすめします。

ただ、自己処理の手間が面倒という方や、うっかり処理を忘れてしまいがちな方は、クリニックや脱毛サロンで自己処理の要らないレベルにまでにきれいに処理しておく方が無難です。

今回は、指の毛穴を目立たなくする方法をはじめ、指毛の脱毛について、脱毛が完了するまでの回数や効果などお役立ち情報をお伝えします。将来的にクリニックや脱毛サロンでの脱毛を検討している方は参考にしてください。

【2017年10月版】腕脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

肌トラブルのリスクが少なく確実な脱毛方法

指毛をカミソリや毛抜き、除毛クリーム、抑毛クリームなどで処理しても効果は一時的なもので、またすぐに毛が生えてきてしまいまし、頻繁に自己処理を繰り返すことで肌へダメージが蓄積され、毛穴のブツブツや色素沈着、埋没毛(埋もれ毛)、炎症、毛穴が目立つ原因になります。

そこで、おすすめしたいのが、自己処理のようなトラブルのリスクが少なく安全で、確実な効果が期待できる脱毛サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛です。

以下に医療レーザー脱毛の効果と脱毛完了までの回数目安を紹介します。

医療レーザー脱毛・光脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は、クリニックや美容皮膚科などの医療機関で行われている脱毛方法です。そのメカニズムは、黒いメラニン色素に光を吸収させ、毛乳頭や毛包幹細胞に熱エネルギーを照射して毛の再生をほぼ半永久レベルで生えてこないようにする非常に効果の高い半永久脱毛です。

一方、光脱毛も、メカニズムの原理は医療レーザー脱毛と同じで、脱毛部位に光照射でダメージを与え、毛が生えてこないように抑制する方法です。

脱毛完了までの回数目安

指毛の脱毛完了までの医療レーザー脱毛と光脱毛の回数の目安は以下の通りです。

医療レーザー脱毛 6回程度
光脱毛 18回程度

医療レーザー脱毛は、脱毛機器の出力パワーが高く半永久レベルの脱毛効果が期待できますが、光脱毛は、光脱毛機器の照射パワーが弱いため減毛レベルに留まります。また、医療レーザーに比べ脱毛効果が低いため、脱毛完了にまで通う回数や期間が長くかかってしまう点がデメリットです。

ですが、出力パワーが低い分、光脱毛の方が肌への負担や痛みが少なく、価格も安い点がメリットです。完全にツルツルレベルにまで脱毛したい訳でなく、毛を減らす程度でしたら、光脱毛でも充分でしょう。

スピーディできれいに仕上げたい人には医療レーザー脱毛がおすすめ

指は脱毛面積が少ないので、指だけ単品で脱毛するとなると割高になってしまうのがネックです。ただ、クリニックの中には、好きな部位を選べる全身脱毛のコースで、手の甲や指を選択できるところもあります。

また、医療レーザーは、出力パワーが高い分、強い痛みを伴う傾向がありますが、基本的に医療機関で行われるので、必要に応じて麻酔を使用することも可能です。また、万が一何らかのトラブルが生じた際も、医師や看護師が臨機応変に対応してくれるため安心感があります。

さらに、医療レーザーの場合、照射で毛乳頭を完全に破壊するので、ムダ毛がなくなるだけでなく毛穴が閉じスベスベのきれいなお肌に仕上がる点も嬉しいポイントです。

特に指や手の甲は、露出が多く目立つ部分なので、まず優先的に処理しておきたい部位ですよね。とにかく時間をかけずにスピーディにかつきれいに仕上げたいという方には、脱毛効果の高い医療レーザーで一挙に脱毛する方法が最も効率的でおすすめです。

【2017年10月版】腕の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

指の毛穴を目立たなくする方法

手は、光の当たり方によって、たとえ毛が薄く少量でも目立ってしまうことがあります。特に、指は毛が太い割に毛穴が目立つ傾向があるので、点々と広がった毛穴が気になり悩んでいる方も少なくありません。

特に毛穴にとって1番悪いのが、肌の表面バリア機能を壊してしまう「乾燥」です。ムダ毛の処理がきちんとできていてもしっかりとスキンケアをして乾燥対策をしなければはやり毛穴が目立ってしまいます。以下に指の毛穴ケアのポイントを列挙します。

肌への負担が少ない脱毛方法

カミソリや毛抜きを使った自己処理は、肌表面のバリアを壊してしまうため、毛穴がダメージを受け黒ずみの原因となるのでおすすめできません。1番肌への負担が少ない方法は、脱毛サロンやクリニックで脱毛することで、脱毛完了後は毛穴もすっかり目立たなくなりきれいに仕上がります。

保湿対策

お湯で手を洗うと乾燥しやすいので、手を洗う時は水かぬるま湯にしましょう。日中は小まめにハンドクリームやローションを塗り、就寝前は、ローションを手にたっぷりと塗った後、上からハンドクリームを塗ってカバーするとより高い保湿効果が実感できます。

また、日常的に毛穴効果や抑毛効果の高いコスメを使い、普段から毛穴ケアをしっかり行うのも効果的です。

以上、肌に負担の少ないムダ毛処理と小まめな保湿対策・ハンドケアで、毛穴の開き・黒ずみも徐々に改善されるはずなので、根気よく続けてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小まめなお手入れが欠かせない指毛・手の甲のムダ毛。そんな手のムダ毛対策には、肌トラブルのリスクが少ない脱毛サロンの光脱毛やクリニックでの永久脱毛が最適です。

どちらを選ぶにせよ、一定期間通い続けることになるので、トータルで考えて無理なく通えることが第一です。とにかく価格重視で、痛みの少ない施術を重視する方は、脱毛サロンが向いていますし、安全面や効率よくスピーディに確実な効果を期待する人は、医療レーザーがおすすめです。

煩わしいムダ毛処理や自己処理による肌トラブルから抜け出し、きれいな指を目指すために、まずは、ご自身のニーズに合った脱毛サロンやクリニックを厳選してみてください。

【2017年10月版】腕脱毛の料金比較!一番安いサロンは?