最近のエステで使われている脱毛機は、日本人向けのものが多いです。
では日本人向けとはどういった特徴があるのでしょうか?

欧米人の肌は強く日本人の肌が弱い傾向があり、欧米式の脱毛方法では私達日本人の肌は炎症を起こしたりお肌のトラブルが起こりやすくなります。
よく脱毛エステ店の広告などに、「日本人向けの脱毛機を使用しています」と記載されているものがありますが、そういったものは肌の弱い人にも使える低刺激の脱毛機だということです。

又、日本人と欧米人とでは毛の量や質や色も違います。
そういった意味でも海外で脱毛処理を受けると日本人の肌は思わぬトラブルを起こしかねないのでやめておいた方が良いでしょう。

とはいえ同じ日本人でも毛量の差は激しく、ホルモンバランスなどによって体毛の濃い人や薄い人は存在します。
日本人向けのマシンといえども100人中100人に同じ効果を与えるわけではないのです。

最近日本で主流なのは、レーザー脱毛・光脱毛です。
これらは広範囲に1回の照射で脱毛効果を与えるために時間短縮という意味でも重宝されています。
しかし先程も言いました様に、肌が黒めの方もいれば毛の濃い人もいます。
全員がお肌のトラブル無く脱毛が完了するとは言い切れないのです。

だからこそのアフターケアやジェル使用により、各エステ店ではそれぞれのお肌のケアに徹底的に取り組んでいます。
自宅で行う家庭用脱毛では、その知識が足りませんのでお肌が炎症を起こした時には必ず医師に見て貰いましょう。
エステ店で医師の診察が必要だと判断した場合には、エステ店が提携している医師への紹介がされますので安心してお任せする事ができます。

【2017年7月版】腕脱毛の料金比較!一番安いサロンは?