脱毛サロンで施術を受けている間、制汗剤を使用することはできないのでしょうか?

脱毛を受けている間は、制汗剤の使用はできません

制汗剤には、汗を吸収する吸収剤や、汗を抑える収れん剤などが入っています。吸収剤としては、酸化チタンなどのパウダーが、収れん剤にはミョウバンやアルミニウムなどが使われていますが、これらのパウダーは毛穴を塞いでしまい、様々な肌トラブルを引き起こしかねないからです。

脱毛施術を受けている人ではなくても、肌がデリケートな場合は、制汗剤を使用することで痒みや黒ずみ等のトラブルを訴える人もいるくらいです。

脱毛中の場合は、なおさら肌がデリケートになっていますので、ダメージを受けやすい状態と言えます。そのため、ほとんどのエステサロンでは、施術期間中は制汗剤の使用を禁止とされているようです。

脱毛施術を受けるのが春、秋、冬とかだれば問題ないでしょうが、夏場には制汗剤が欠かせません。そういう場合はどうすればよいのでしょうか?

まずは、毎日の入浴で体を清潔にするのが基本です。シャワーだけでなく、湯船に最低でも10分程度は浸かり、デトックスをしてあげましょう。

また、汗をかいたら、すぐに清潔なタオルなどで拭き取るようにしましょう。汗をかいても放っておくと、汗が衣類に移り、雑菌が繁殖して臭いの元になります。

食生活にも注意することが大事です。肉類などの脂肪分が多いもの、乳製品や刺激の強い食べ物、糖分の過剰摂取は汗の臭いを強めると言われています。汗の臭いを抑えるには、脂っこくない和食がお勧めです。

以上のようなことに気をつければ、制汗剤に頼らなくても汗の臭いを抑えるのに効果的です。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛