「プロに脱毛してもらって、ムダ毛の悩みから永久に解放されたらどんなにいいか」と思っている人は多いですよね。光脱毛は昔の脱毛と違ってリーズナブルで手軽ですが、「効くならやりたいけど、本当に効果があるの?」と興味を持ちつつも不安に思っている人も多いことでしょう。

「光脱毛は効果があるの?」「どのくらい通えばいいの?」「剛毛でもスベスベになる?」「顔の産毛も脱毛できるの?」など、さまざまな疑問にお答えしつつ、光脱毛の効果についてパーツ別に詳しくまとめました。男性の髭脱毛の必要回数も記載していますので、ムダ毛が気になる全ての人必見です。

【2017年7月版】脱毛サロンの格安キャンペーン最新情報まとめ

脱毛後、毛が抜けるまでの期間

施術後10日~2週間くらいで毛が抜けます。毛周期が遅い人だと1ヶ月以上かかる場合もあります。毛周期が乱れていているなど、体質的に効果が出にくい人もいますが、基本的には回数を重ねれば徐々に毛が細くなり、最後は近くでよく見てもわからない程度の産毛になって脱毛完了となります。

「自分は光脱毛で効果が出るかな?」と心配な人も、カウンセリングで体調や体質について質問されます。サロンの経験上、「この人は効果が出にくいかも?」と言う場合、良心的なサロンであれば正直に伝えてくれます。その他にも心配なことがあれば相談してみましょう。

また、一つのサロンで「難しいかも」と言われた場合も、脱毛方法が違う別のサロンなら効果を出せる場合があります。光脱毛にもいろいろな種類があり、別記事に詳しくまとめましたので、そちらも読んでみると自分に合う方法を見つけやすいと思います(参考記事:光脱毛でムダ毛が抜ける仕組みをわかりやすく解説)。

効果が出やすい毛質・部位、出にくい毛質・部位

効果が出やすい毛質・部位

黒い色に反応する光で脱毛する方法なので、色が濃く太い毛ほど効果が出やすいです。毛質なら剛毛、部位なら脇とV/Iが効果が出やすいです。ただし、少しずつ毛が痩せていく方法でもあるので、剛毛の人はそうでない人よりも回数と期間は多くかかります。

効果が出にくい毛質・部位

色素が薄い毛・細い毛は、脱毛に利用する光の特性を活かしにくいので効果が出にくいです。そのため、ムダ毛のほとんどが産毛のうなじや背中などは効果が出にくく、回数を多く必要とします。

目立つ白髪を脱毛したい場合も、色素がないので光脱毛は効果が出にくいです。ただし、光脱毛でも黒い色に反応する光を利用しないハイパースキン脱毛は例外で、産毛や白髪にも効果があります。

光脱毛のパーツ別回数と効果まとめ

光脱毛の効果の出方は毛質や体質が影響するので個人差が大きくなります。また同じ人でも部位によって効果の出方や脱毛が完了するまでの回数が異なります。さらに一口に光脱毛と言ってもサロンによって微妙に方法と通うペースが異なるので、サロンによっても必要回数に多少差が生じます

なので「○回で完了する」と断言はできませんが、どのくらい通えばいいのか全くわからないのでは手を出しにくいので、目安として平均的な回数をご紹介します。早い人だと2回でほとんど毛がなくなったと言う人もおり、2~3回目で毛が薄くなったと実感する人が多いです。

脇脱毛の場合、自己処理が要らなくなるまでは10~16回が平均回数です。

VIO

VIOは部位によってそれぞれ毛質が異なるので、同時に始めても終わる時期が異なる場合が多いです。自己処理が要らない、スベスベ肌になるまでの平均的な回数は以下の通りです。

  • Vラインサイド:6~12回
  • Vライン上部:6~18回
  • Iライン:6~18回
  • Oライン:6~12回

またトライアングル部分(Vラインのセンター部分)は2~3回だけ脱毛して、ごわついたアンダーヘアを痩せさせて柔らかくする程度にとどめる人が多く、太く濃い毛が密集している割に少ない回数で済むことが多いです。

光脱毛は産毛に効果が出にくいので、顔脱毛だと3回目くらいまでは毛が減ったと実感できない人が多いです。産毛が濃い剛毛の人の場合は顔も効果が出やすいので、毛が減ったと実感するまでが早いです。ただし普通の毛質の人より完了までの回数はかかります。

一般的には6回で自己処理の頻度が減り、10回くらいで完了する人が多いです。ただし、産毛が少なく薄い人だと6回以上通っても効果を感じない場合があります。そう言うタイプで顔の光脱毛をしたいなら、ディオーネのハイパースキン脱毛がおすすめです。

ハイパースキン脱毛とは?

産毛にも効果がある

発毛因子細胞(バルジ)にダメージを与える脱毛方法で、毛が抜けた後の新しい毛が生えてくる前の毛穴がターゲットです。毛乳頭にダメージを与える他の光脱毛と違い、黒い色に反応する光を使用しないので毛質を問わずに効果を出すことができ、産毛が多い顔の脱毛にも適しています。

痛みが全くなく、火傷のリスクもない

毛乳頭にダメージを与えるには高温の光が必要ですが、バルジは体温に近い温度でダメージを与えられるので、火傷のリスクもありません。光脱毛の痛みや肌への負担も高熱が加わることが原因なので、低温で処理できるハイパースキン脱毛は痛みが全くなく、肌への負担もありません。

さらに、ハイパースキン脱毛に使用する光には肌内部のコラーゲン生成を促進する働きもあり、「脱毛を続けていたら肌にハリが出てきた」と言う人もいます。美肌効果の面でも顔脱毛に適した方法です。

脱毛期間が短い

光脱毛は成長期の毛にしか効果がないため、毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに脱毛します。そのため、完了するまでに2年3年と長い期間がかかりますが、ハイパースキン脱毛は毛周期の影響を受けにくく、最短2週間ごとの脱毛が可能です。長くても3~4週間ごとに脱毛できるので、他の光脱毛よりも短期間で完了することができます。

ディオーネ

ディオーネの詳細

男性の髭

顔のパーツによって毛量・毛質が違うので効果の出方にも違いがあります。平均的にはパーツごとに以下のようになっています。

鼻下

  • 髭剃りがラクになる(20~50%減)6~13回
  • 半分くらいの薄さになる(50~70%減)10~18回
  • ツルツルになる15~25回

頬・もみあげ

  • 髭剃りがラクになる(20~50%減)3~5回
  • 半分くらいの薄さになる(50~70%減)5~9回
  • ツルツルになる8~12回

【2017年7月版】メンズ髭脱毛料金を徹底比較!一番最安値は?

まとめ

いかがでしたか?光脱毛は歴史が浅いため、永久脱毛にこそ認められていませんが、光脱毛によってムダ毛のストレスから解放された人もたくさんいます。数百円~1,000円程度で完了まで試せて勧誘がないサロンもあるので、最初はそう言ったサロンで脱毛を初めてみるのもおすすめです。

また効果についてのネガティブな口コミは、1~2回通っただけで「効果が出ない」と言っている人がほとんどです。体質的に光脱毛と相性の悪い人も実際に存在しますが、光脱毛と相性のいい人でも1~2回ではハッキリとした効果は出ないのが普通です。体験者の口コミは非常に参考になりますが、投稿者の主観に惑わされないようにすることが大切です。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛