電気脱毛とは、針を毛穴一つ一つに差し、差し込んだ針に電気や高周波を流して毛根部を破壊し、毛の再生をストップさせる脱毛技術です。
電気脱毛は、永久脱毛効果のある方法として、もっとも歴史が長く実績もある技術です。電気脱毛には、絶縁針脱毛とニードル脱毛があります。

ニードル脱毛は、逆さまつ毛を抜く方法として120年以上前に開発された脱毛方法で、日本に本格的に取り入れられたのが1960年くらいで、皮膚科や形成外科で使われるようになりました。
そして1980年代になると、多くのエステサロンでもニードル脱毛を取り扱うようになり、広まっていきました。
ニードル脱毛は、痛みを伴ったり、やけどや色素沈着を起こしやすいというデメリットがあります。

そこで新たに開発されたのが、絶縁針脱毛で、差し込んだ針と皮膚との接触部分が絶縁されています。
つまり、通電した針は皮膚に熱を通さず、毛根部を正確に処理するだけで、皮膚にやけど跡などを残しません。

絶縁針の長さは、各部位の毛質と成長期の毛根の深さに合わせて作られており、全20種類以上もあります。
レーザーでは脱毛が難しいような、日焼けした肌でも施術が安全にできます。

絶縁針による脱毛は、永久脱毛効果は高いのですが、施術にはかなりの痛みを伴うようです。
絶縁針脱毛は、医療機関でしか使用が許可されておらず、痛みがひどい場合には、麻酔を使用して施術を行うことができます。

ニードル脱毛にしても、絶縁針脱毛にしても、電気脱毛でムダ毛処理を行えば、永久性が高く、二度と毛根から毛が生えてくることは滅多にないようですので、完全な処理を希望される人には、電気脱毛が確実だと言えるようです。

美容電気脱毛ができる脱毛サロン

TBC

TBCの詳細