エピレ

今月のエピレのキャンペーン

  • 両ワキ脱毛6回:500円
  • 両ワキ+Vライン脱毛6回:700円
  • 19部位から選べる2箇所脱毛プラン:500円
  • VIO・5脱毛2回プラン:6,000円
  • フェイス・5脱毛2回プラン:6,000円

エピレのキャンペーンの公式ページはこちら

エピレの脱毛効果

エピレの脱毛方法は?

エピレは、エステティックTBCがプロデュースする脱毛専門サロンです。脱毛方法はTBCライト脱毛で、光脱毛の一種です。

黒い色に反応する波長の光を当てることで、毛を作る組織を弱らせる方法です。施術を重ねるごとに、徐々に毛が細く薄くなっていきます。

他の光脱毛と同様に、効果があるのは成長期の毛と、退行期の毛の一部です。成長期の毛が多い時期に施術するのが効果的なため、毛周期に合わせて約2ヶ月間隔で通います。

効果が出るまでの回数や期間は?

他のサロンの光脱毛と同程度と考えて差し支えありません。脱毛する部位や人によって、効果が出るまでの回数や期間が異なり、何回で完了しますと断言できないのが光脱毛です。目安としては脇脱毛の場合で、自己処理の必要がなくなるまでに10~16回程度・1年半~2年半くらいです。手足などはそれより少し少なく、VIOは少し多くなります。

また剛毛の人の場合は平均的な回数よりも少し多くかかります。個人差はありますが4回・1年程度、人より多くかかると考えておきましょう。

エピレのアフターケアは?

TBCの脱毛のアフターケアで採用されている、トリプル美肌ケアで脱毛後の肌をケアします。施術前にコラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸を配合したジェルを塗り、施術後に皮膚に残ったジェルを擦り込みます。ハリや弾力、美白、保湿効果が期待できます。エピレの脱毛に通っているうちに肌がキレイになったと言う人もいます。

エピレのキャンペーンの公式ページはこちら

エピレの脱毛部位と料金

エピレでの脱毛がおすすめの部位

VIO

TBC・エピレを初めて利用する人限定でVIO脱毛を2回だけ試せるお手軽コースがあるので、光脱毛が初めてで不安な人もチャレンジしやすくおすすめです。気に入ったら当日中に本格コースを契約すれば、お試しコースの料金は無料になります。継続すれば実質2回無料で脱毛できるのでお得です。

回数が多くかかる人でも、本格コースを3回契約すれば完了まで持っていけるケースが多く、他のサロンのVIO脱毛と比較しても安めです。

【2017年8月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

TBC・エピレを初めて利用する人限定で、顔脱毛のお試し2回コースがあります。顔脱毛は行っていないサロンや、行っていても脱毛できる範囲が限られるサロンが多い中、脱毛可能範囲も広めです。脱毛後の肌ケアが手厚い点も安心です。

【2017年8月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

TBC・エピレを初めて利用する人限定で、数回程度をお手頃価格で試せるコースがあります。他のサロンで脇脱毛をしていて、あと少しだけ足りない、と言うときにもおすすめです。本格コースで脇脱毛を最初から最後まで行う場合も、トータルの料金が安めです。

【2017年8月版】ワキ脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

他のサロンの方がお得な部位

残念ながら全身脱毛は料金が高めです。多くの部位を脱毛したい場合は、全身脱毛が安いサロンなどがおすすめです。

【2017年8月版】全身脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

エピレの脱毛料金

脱毛プラン

セット 全身脱毛プラン(Sパーツ12部位+Lパーツ12部位)(6回):税抜176,100円
セレクト10プラン(Sパーツ6部位+Lパーツ4部位)(6回):税抜140,100円
VIO・5プラン(6回):税抜56,100円
フェイス・5プラン(6回):税抜56,100円
部分脱毛 チョイスプラン(Sパーツ)(6回):税抜13,500円
チョイスプラン(Lパーツ)(6回):税抜26,400円

チョイスプランの対象部位

Sパーツ 鼻下、あご(口下)、両ワキ、両手の甲・指、乳輪周り、へそ周り、トライアングル上、Vライン、両ひざ、両足の甲・指
Lパーツ ひたい、ほほ、フェイスライン(もみあげ)、うなじ(えり足)、両ヒジ上、両ヒジ下、胸、お腹、背中上、背中下、ヒップ、トライアングル下、Iライン、Oライン、両ひざ上、両ひざ下

エピレのキャンペーンの公式ページはこちら

エピレに関するQ&A

予約は取りやすい?

取りやすいです。ただし、他の脱毛サロンと同様に夏は新規で脱毛を始める人が多いので混みやすくなります。またTBCでも全く同じ内容の脱毛を受けることができるので、最寄りのエピレ店舗が混雑している場合はTBCでの契約を検討する方法もあります。しかしエピレとTBC間は店舗移動ができないので、どちらで契約するかは慎重に決めましょう。

キャンセル料はかかる?

キャンセル料は一切ありません。ただし悪質なキャンセルをする人が多いと、エピレ側も何らかの対策を講じなければならなくなります。行けないことがわかったら、早めにキャンセルの連絡をしましょう。

また、次の予約は予約変更日・キャンセル日から2ヶ月後以降の日付でないと取れず、注意が必要です。

遅刻した場合はどうなる?

10分程度までの遅刻は施術してもらえますが、遅れた分施術の時間は短くなります。10分以上の遅刻の場合は、混雑状況によって施術できないことがあります。予約時間をずらしてもらえる場合もあるので、遅れそうなときは店舗に連絡してみましょう。

剃り残しはシェービングしてもらえる?

剃り残しがある場合は、その場で電気シェーバーを購入するとスタッフに剃ってもらうことができます。次回からは剃り残しに備えて、エピレで購入したシェーバーを持参します。光脱毛は毛が生えていると効果を出せないため、剃り残しがあってシェーバーを購入できない場合は、その日は施術できません。

店舗の変更(移動)できる?

エピレの店舗間であれば、会員サイトから自由に店舗移動が可能です。TBCの店舗へは移動できません

エピレの解約について

解約窓口にフリーダイヤルまたは店舗で解約を申し出ます。フリーダイヤルの場合は後日、解約のための書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送します。店舗で解約する場合は、契約時に使用した印鑑、返金先口座情報、契約書、クレジット払いであればクレジットカードを持参すると手続きがスムーズです。

エピレには料金の一部返金・差額返金と言う制度がありません。したがって中途解約では返金がなく、注意が必要です。ファーストプランのみ、2回目の施術を受ける前であれば全額返金保証があります。TBCまたはエピレの利用が初めての人は、ファーストプランから始めて様子を見るのがおすすめです。

中途解約時の返金は原則ありませんが、契約から8日以内であればクーリングオフの対象になります。こちらは、クーリングオフを申し出れば全額返金されます。

また中途解約の場合は解約手数料が必要になります。(ファーストプランで全額返金保証を受ける場合、クーリングオフをする場合は解約手数料はかかりません。)脱毛サロンの解約手数料は、法律で返金額の10%または2万円のどちらか安い方の金額と定められています。

子供も脱毛できる?

7歳以上であれば可能です。キッズ脱毛コースもあります。ただし15歳未満・中学生までは親権者の同席が必要になり、15歳(中学生除く)~19歳までは親権者署名・捺印の、所定の承諾書と、サロンからの電話確認に親権者が応じることが必要です。

高校生以上であっても、カウンセリング当日にファーストプラン以外を契約する場合は親権者の同席が必要です。

エピレとTBCの違いは?

どちらも運営元は同じです。TBCは脱毛の他にもフェイシャルや痩身など総合的なサービスを受けられるのに対し、エピレは脱毛のみに特化したサロンです。脱毛効果がもっとも高いと言われる美容電気脱毛を受けられるのはTBCのみです。

しかし、それなら脱毛もTBCで美容電気脱毛にした方がよいかと言うと、美容電気脱毛ならではのデメリットもあります。詳しくはTBCの紹介記事に記載しましたので省略しますが、美容電気脱毛を受ける場合も、光脱毛など他の脱毛方法と組み合わせた方がやりやすいです。

また、エピレは後発なので店舗数がまだ少なめです。TBC約160店舗に対し、エピレは約40店舗です。

エピレのキャンペーンの公式ページはこちら

エピレの店舗情報

北海道 IKEUCHI ZONE札幌本店|札幌駅前店
宮城県 仙台店
東京都 新宿本店|渋谷店|渋谷東口店|池袋本店|池袋店|銀座店|恵比寿店|北千住店|錦糸町店|吉祥寺店|町田店|立川店
神奈川県 横浜本店|川崎店
埼玉県 大宮店|所沢店
千葉県 千葉店|柏店
新潟県 新潟店
静岡県 静岡店
愛知県 名古屋駅前店|名古屋栄店
大阪府 梅田本店|梅田店|心斎橋店|天王寺店
京都府 京都河原町店
兵庫県 神戸三宮店
広島県 広島店
福岡県 天神店|小倉店

まとめ

エピレの良いところ

お試し脱毛プランが充実

脱毛サロンのキャンペーンといえばワキ脱毛が多いですが、エピレのキャンペーンは脇だけでなくVIOや顔など、全身から脱毛したい部位を選べるのがポイント。特にVIOや顔など敏感な部位は、肌荒れしないか、痛みは我慢できるかを最初にチェックしておきたいところです。

また腕や足や背中など、脱毛範囲が広いパーツのお試し脱毛ができるのもポイント。これから脱毛をはじめたい人におすすめのサロンです。

TBCプロデュースの脱毛専門サロン

老舗の大手エステサロンTBCがプロデュースした脱毛専門サロンのエピレ。本家のTBCは勧誘がしつこいスタッフがいるという声もありましたが、脱毛しか扱っていないエピレのほうが商材が少ない分、勧誘も少ないと言えます。もちろんエピレも対応がよいスタッフとそうでないスタッフがあります。

キッズ専門のコースがあるので、子供に脱毛させたい人などにはよいでしょう。ちなみに「お母さんも脱毛を」と言わる可能性はありますが、やりたくなければ他で脱毛済みだと言えばOKです。

エピレのイマイチなところ

利用者の声を見ると「感じがよかった!」と言う人と、「もう行きたくない」と言う人に分かれます。勧誘がほとんどなく気持ちよく対応してくれるスタッフと、TBC同様に勧誘してくるスタッフが混在するようです。

また、キャンセルや予約変更が生じると、そこから2ヶ月通えなくなってしまうシステムなので、予定の変更が多い人だと効果が出にくいかもしれません。中途解約の際に、未消化分の料金を返金してもらえないのもデメリットです。高額なコースを契約したい場合は、解約時に返金があるミュゼや、全身脱毛ならいつでも止められる月額制プランがあるキレイモを選ぶ方が無難です。

エピレはこんな人におすすめ

  • 安いお試しキャンペーンを利用して脇以外の脱毛も試してみたい
  • 子供を脱毛して欲しい
  • フェイシャルの技術を使用したアフターケアができるサロンで脱毛したい

いかがでしたか?エステサロンとしての技術が確立している脱毛サロンと言う点に魅力はあるものの、推薦しづらい脱毛サロンと言うのが正直なところです。TBCの場合は美容電気脱毛を受けられる唯一のサロンと言う強力な武器がありますが、エピレはそう言ったものもないので尚更、「他のサロンよりおすすめ!」と言いにくいです。

エピレ

今月のエピレのキャンペーン

  • 両ワキ脱毛6回:500円
  • 両ワキ+Vライン脱毛6回:700円
  • 19部位から選べる2箇所脱毛プラン:500円
  • VIO・5脱毛2回プラン:6,000円
  • フェイス・5脱毛2回プラン:6,000円

エピレのキャンペーンの公式ページはこちら