エステサロンで脱毛施術が終わった後には、日焼けをしないで下さいと言われます。

日焼けとは、極限までいけば低温なやけどと同等の場合もあるくらいで、かなり大量の紫外線を浴びた証拠で、肌はダメージを受けた状態です。ダメージを受けた状態で脱毛を行うと、炎症はさらに、やけどの状態になる恐れもあります。日焼けをして熱を持った状態の肌の時は、非常にダメージを受けやすくなっています。

そういう状態の時には、脱毛してリスクを負うよりも、まずはそのダメージをしっかり冷やして保湿してあげることが大切です。エステで脱毛施術を受ける間は、美しく健康なお肌を保つことが必要であるため、日焼けをしないで下さいと言われるのです。

お肌のお手入れは、女性の場合は毎日行うことではありますが、毎日決まったお手入れをするのではなく、季節やその日の肌の乾燥具合、紫外線を浴びてダメージを受けたかなど、状態に応じて水分補給や保湿を調整することが大切です。

また、皮膚の新陳代謝は就寝中に最も活発になります。夜の10時から午前2時がお肌のゴールデンタイムと言われるように、睡眠時間を十分に確保するようにしましょう。

ストレスも皮膚細胞の活力低下の原因になるので、スポーツや趣味などを通し、ストレス発散をすることも大切です。

また、食事も大切です。無理なダイエットなどで偏った食生活をすると肌のトラブルや老化にもつながります。心と体の健康があってこその美肌です。毎日を楽しくいきいきと送るようにしたいものです。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛