長い間、全身のムダ毛の自己処理をしてきた人の中には様々な肌トラブルに悩まされている人もいるはずです。この肌トラブルの一つが「色素沈着」で、一度起こっても更に自己処理を続ければ次第にひどくなり一生消えない可能性もあります。

言うまでもなくこのような人は「脱毛」をしてしまえば今後自己処理をする必要がなく、ひどくなる心配もありません。そして色素沈着のある部位の脱毛は光脱毛よりも医療レーザーがおすすめです。一度検討してみてはいかがでしょうか。

【2017年8月版】医療脱毛クリニックの格安キャンペーン最新情報まとめ

色素沈着が起こる仕組み

色素沈着は、皮膚の表皮のメラノサイトが生成するメラニンにより起こります。皮膚は毎日ターンオーバーして、メラニンを外側に排出していますが、外部の刺激により炎症があると、皮膚の基礎膜が壊れ、メラニンが内側の真皮側に落ちていきます。これが色素沈着の原因になってしまいます。

内側に落ちたメラニンも徐々に無くなってはいきますが、原因となる元を取り除かない限りは、炎症が継続してメラニンが内側に落ち続け、色素沈着が起こります。メラニンは、黒褐色のため、肌表面が黒ずんだように見えてしまうのです。

色素沈着を起こす理由

自己処理のし過ぎ

ムダ毛の自己処理で人気のアイテムは「カミソリ」「シェーバー」「毛抜き」などがあります。これらを同じ部位に何度も使うことで自覚症状がなくても肌が傷つき、この傷を修復するために肌がメラニン色素をどんどん作り出してしまい、更に自己処理を重ねると刺激でメラニン色素が沈着を起こしてしまいます。

その他の原因

若い頃にはケガをしてすぐ治っても、年齢を重ねると治りにくくなりそのまま色素沈着を起こしてしまうことがあります。

また顔や身体を洗う際にタオルやスポンジで必要以上にこすってしまうことの刺激や、肌に合わない化粧品を使ったことで肌トラブルを起こし、治った後に色素沈着として残ってしまう可能性もあります。

色素沈着ができやすい部位は?

もちろん体質もありますが、色素沈着ができやすい部位には共通性があります。全身のお肌には特にメラニン色素が多い部位があります。具体的にはVIOワキなどで、これらの部位は他と比べて皮膚も薄いため、ちょっとした刺激で色素沈着になりやすいのです。

色素沈着がある部位の脱毛について

色素沈着がある部位の脱毛は可能?

色素沈着がひどすぎる場合には脱毛サロンでも脱毛クリニックでも施術が断られる可能性があります。両者で主に行われている脱毛方法は黒色に反応する光やレーザーをお肌に照射して毛を作る組織にダメージを与える仕組みで、色素沈着のある部位に反応し施術後に「やけど」のような肌トラブルが起こる可能性があるためです。

一方で色素沈着が薄い場合には施術が行われる可能性があります。特に脱毛サロンの光脱毛にはお肌のターンオーバーを促進する効果が期待できるため、薄い色素沈着なら軽くなる可能性はあります。また脱毛クリニックは必要に応じて先に色素沈着を取る治療(塗り薬やレーザー治療など)をしてから脱毛可能という所があります。

ちなみに色素沈着のある部位の脱毛はそうでない部位と比べると施術で痛みを感じやすいです。痛みが我慢できない場合は病院なら有料ですが麻酔をしてもらえます。遠慮をせずに相談することをおすすめします。

脱毛して色素沈着が治まる?

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は場所によって様々な医療レーザー脱毛機が導入されています。中でも「アレキサンドライトレーザー」はそもそも「シミ」や「色素沈着」を治療する機械です。

しかし脱毛(毛根を破壊)が第一目的で、色素沈着の治療のためにはレーザーの波長を変える必要があるため、軽度の色素沈着なら施術で薄くなることはありますが、あまり期待はしない方がよいでしょう。

色素沈着のある部位のおすすめの脱毛方法は?

一般的な医療レーザー脱毛機はムダ毛の毛根部にあるメラニン色素にダメージを与える仕組みで、メラニン色素が多い部位(濃いムダ毛が多い部位)ほど痛みを感じやすいです。

しかし医療レーザー脱毛機の一種メディオスターは毛穴の一番奥にある毛根よりも浅い部位にある「バルジ」と呼ばれる発毛因子に反応するレーザーを細かく照射する仕組みです。痛みの原因となるメラニン色素には関係ないので色素沈着、日焼け、色の濃いシミなども対応が可能です。

機械自体に冷却装置もつけられているので施術の痛みをほとんど感じません。メディオスターは湘南美容外科レヴィーガクリニックなどで導入されていますが、まだまだ導入されているクリニックが多いわけではありません。

本当に脱毛すれば色素沈着は消えるの?

上でも説明したように色素沈着の一番の原因は自己処理です。言うまでもなう脱毛してムダ毛がなくなれば自己処理をする必要もありません。美白石鹸や美白化粧品などのアイテムで肌ケアをしっかりとしていけば次第に色素沈着も薄くなってくる可能性は大きいです。

もちろんそれでも消えない場合には皮膚科などで治療をしてもらう方法もあります。近年では、以前より色素沈着の治療の選択肢も広がり、ハイドロキノンを塗布したり、皮膚科などでレーザー治療を受ける方法もあります。

まとめ

色素沈着のある部位の脱毛はそれ以外の部位と比べると慎重に施術を行う必要があることが分かっていただけたかと思います。

しかし「色素沈着があるから」と脱毛を諦める必要はなく、このまま自己処理を続けるよりは脱毛をした方がお肌にも絶対に優しくておすすめで、ムダ毛がなくなるだけでなく毛穴が引き締まってお肌が綺麗に見えるようになります。

まずはカウンセリングで気になる部位についてしっかりと相談することをおすすめします。

【2017年8月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】