一部の脱毛サロンを除いて生理中はデリケートゾーンはもちろんのこと、どこの部位でも脱毛はできません。(一部では“デリケートゾーン以外なら生理中でも可能”というサロンがあります。)

できれば生理日に重ならないように次の予約を取りたいのですが、誰でも順調に生理が来ているわけではありません。予約日前日や当日に生理が来てしまった時の対応は脱毛サロンや脱毛クリニックによって様々なので、カウンセリングでしっかりと確認をしておきたいですね。

【最新版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛

生理中はなぜ脱毛できないのか?

「ホルモンバランスの乱れ」が脱毛の痛みの原因に

例えば女性は

  • 先日まで問題なく使えている化粧品やシャンプーを使って肌がかゆくなった
  • 生理前になると肌荒れが必ず起こる

といった現象が起こる人は多いです。これらは生理前の「女性ホルモンのバランスの乱れ」が原因の可能性が高いです。そして生理中に脱毛すると通常よりも痛みが増し、痛みのダメージは肌へのダメージともなるため施術後に肌荒れや水ぶくれ、色素沈着のトラブルが起こりやすいです。脱毛サロンは病院ではないので、万が一施術後にトラブルが起こった時にすぐに対応できないですよね。

また最近増えているVIO脱毛に関しては、生理中は施術をしてくれるエステティシャンにも大変失礼なので生理時には自分から予約を変更すべきです。

生理の時の脱毛サロンの対応

生理中の施術について脱毛サロンにより規定は様々です。

これを見るとどの脱毛サロンでも生理中のVIO脱毛は禁止であることが分かります。生理中に施術をするとベッドに経血が付着する可能性がありなかなか落ちにくいこと、また血液は病気を媒介させるリスクもあるので、脱毛サロンはこれらを防ぐために施術を禁止しているのも理由の一つですね。

生理で予約をキャンセル(変更)する際の対応は?

予約日前日や当日に予約をキャンセル(変更)する際の脱毛サロンの対応について見てみます。

上記の手数料は1,000~3,000円と様々です。しかし生理の場合は手数料や1回消化を免除してもらえる所が多いので、分かった時点ですぐに連絡しましょう。どんな理由でも無断キャンセルは厳禁です。

脱毛期間中の生理について、よくある質問

生理終わりがけなら黙っていれば分からないんじゃないの?

「生理の終りがけにVIO以外は肌の調子がよければ脱毛できるんじゃないの?」と感じる人は実際に多いですが、おすすめできません。肌の調子が悪くなくても生理中は抵抗力が落ちているため、施術後に思わぬ肌トラブルが起こる可能性があるのが理由です。

ちなみに生理前から乱れる女性ホルモンのバランスは生理が終わって一週間程度で安定しますが、ちょうどこの時期が脱毛の最適な時期なのです。高いお金を払って施術を受けるのに効果がないのでは無意味ですよね。

またVIO脱毛も「生理の終りがけでもタンポンを使えばバレない」と考えるかもしれません。実際にインターネットの口コミサイトでこのような経験談が掲載されていますが「タンポンの紐でばれてしまった」「臭いでばれてしまった」というものがあり、この時点で施術が中止になることがあるようです。

病院でも生理時はNG?

脱毛サロンと違い、美容外科や皮膚科など脱毛を行う病院では「生理中でも施術可能」という所が多いです。これは万が一施術後に肌トラブルがあってもすぐに対応できるのが理由です。

例えば湘南美容外科ではタンポンをつけていればVIOでも施術は可能です。また他の脱毛クリニックでVIOの医療脱毛をする際には「生理中の施術は可能か」を事前のカウンセリングで確認しておくことをおすすめします。

【最新版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】

「脱毛すると生理周期が乱れる」という噂があるけど?

生理中に脱毛をした場合、痛みのストレスで生理周期が乱れる可能性がゼロではありません。もちろん生理中でなければその心配はなく、もしあったとしたら「別の要因(ストレスや生活習慣の乱れなど)」でしょう。

まとめ

脱毛する際に最も大切なのは「身体の調子がよい時に決められた間隔でしっかりと施術を受けること」です。つまり生理中は脱毛に最適な時期とは言えず、生理が完全に終わってから施術を受けた方が十分な効果が期待できます。

病院で生理中に医療脱毛をする場合も必ず自己責任で行うようにしましょう。中には生理のリズムが不安定で悩んでいる人もいるはずですので、心配な人は「無料」予約が変更できる所を選ぶことをおすすめします。

【最新版】パーツごとの料金比較