エステサロンなどで脱毛コースを受けている途中に、妊娠したらどうなるのでしょうか?

ほとんどのエステサロンでは、妊娠中の脱毛施術はできないことになっています。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛をしたからといって、子宮や胎児に悪影響を与えることはありません。しかし、万が一のトラブルには対応できないということで、断られるようです。

妊娠中は、急に気分が悪くなったり、貧血でめまいを起こしたり、自分でも予期しないような体調の変化が急に現れることがあります。特に、妊娠初期は、つわりがひどかったりと、心身共に不安定になります。妊娠初期は美容室でもお勧めされないというのが、そのためです。

また、妊娠中期になって安定期と呼ばれる時期に入っても、今度はお腹が大きくなってきて、サロンのベッドに仰向けに寝たりすると母体に負担がかかったり、長時間同じ姿勢でいることがきつかったりします。

妊娠期間中は、お腹の赤ちゃんが一番大事ですし、お母さんがストレスをためるのは良くないとされているため、施術を断られなかったにしても、脱毛施術は受けない方が良いのです。場所によって痛みを感じやすい部分もあるので、ストレスになります。

近い将来妊娠の予定がある場合は、それも視野に入れてサロンを選ぶことが大切です。1年コースなど期間が決まっている場合、妊娠による延長はできるのか?など確認しておく必要があります。または、最初から、無制限だったり永久保証、都度払いができるコースを選んでおけば間違いないです。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛