「脱毛したい!」そう思っている女性は多いのではないでしょうか。

社会人は、自分がやりたいと思えば可能な話です。頑張って働いて貯金すればいいですし、ご両親の同意も必要ありません。

しかし、高校生・大学生の未成年者だと、自分ひとりで決められることではなくご両親の同意が必要になります。

でも脱毛の知識が少ない年代のご両親だと、大抵反対されると思うのです。
脱毛って高額な契約をさせられるイメージもありますし、体への害もありそうな気もします。
大事な娘の体ですから、ひとつ返事でいいよとは言えないのもわかります。

ではどのように、ご両親の不安要素をなくしていけばよいでしょうか。
1つずつ確認していきましょう。

脱毛って高額なんでしょう?

初回が安く済んだとしても、そのあとの勧誘で高額なコースを契約させられてしまう心配があります。
一概に「それは絶対ない!」とは言えませんね。実際にそういうお店もありますから。

安心なのは「勧誘を一切しません」と謳っているお店を選ぶことです。今はこのようなお店が多いです。

HPに基本料金は記載されていることが多いですが、料金は全部でいくらかかるか、追加料金がかかるのか、直接確認することも大事ですね。

体への害は?

今主流なのは光脱毛です。特殊な光をあてることでムダ毛を処理していきます。
この特殊な光が肌や体へ有害なのではないか、と心配してしまうご両親も多いはずです。
しかし、この光は体の中にまで影響与えるものではありません。

光は皮膚表面から3~4ミリ程度までしか届かないので、血管や内臓にも影響はありません。

皮膚表面に光をあてるということは、皮膚ガンの心配はないのか?と思いますね。

皮膚ガンの原因の光の波長は紫外線ですが、光の光の波長は赤外線なのだそうです。
つまり、性質の異なる波長なので皮膚ガンの心配はないのです。

逆に、美肌効果がある光脱毛もあるくらいです。
ハイパースキン脱毛・SSC脱毛がそれです。敏感肌の方にもおすすめの方法なんですよ。

ご両親にとって、自分達が若いころの時代とは違うので理解しがたいことなのかもしれません。

どれだけ真剣に説得しても同意してくれないかもしれません。

それでも諦めずに、アルバイトしてお金を貯めたり脱毛の知識を身につけたり、努力することも必要ですね。
その姿を見たら、ご両親も理解してくれるかもしれません。

ご両親の説得にはあなたの行動も大事になります。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛