光脱毛・レーザー脱毛で起こりやすいトラブルの一つに毛嚢炎があります。深刻なトラブルではありませんが、見た目はよくないのでできれば避けたいですよね。今回は「脱毛で毛嚢炎ができる原因」「毛嚢炎になってしまったときの治療法」「脱毛後の毛嚢炎の予防法」を詳しくお送りします。毛嚢炎があっても脱毛できるかどうかについても、お答えします。

毛嚢炎は脱毛をする人なら誰でも起こり得るトラブルです。脱毛を検討している人・現在脱毛中の人は必見です。

【2017年10月版】脱毛サロンの格安キャンペーン最新情報まとめ

毛嚢炎の治療法

脱毛後の毛嚢炎の原因は?

毛嚢炎(もうのうえん)とは、ムダ毛処理を行った後に、虫さされやニキビのように赤く化膿してしまった症状のことを言い、痛みやかゆみを伴います。

サロンやクリニックでの脱毛時に、毛根と一緒に周りの皮膚もダメージを受けます。ダメージを受けた肌は免疫力が下がり、毛穴からブドウ球菌や連鎖球菌、溶連菌などの化膿菌が入り込みやすくなるので毛嚢炎を発症しやすくなります。

人によっては少し痒みを伴うことがあり、それを爪で掻いたりすると、皮膚表面の菌がヤケドして弱っている毛穴に入り込んで炎症を起こすのが原因です。また、エステなどの機器による細菌が感染するというケースもあります。

毛嚢炎ができやすい部位

皮脂が多い顔周辺と、湿気が多く雑菌が繁殖しやすい脇・VIOは毛嚢炎ができやすいです。毛嚢炎は原因は違いますがニキビと同じものなので、ニキビができやすい人は脱毛による毛嚢炎もできやすい傾向があります。

脱毛による毛嚢炎の治療法は?

ニキビと同じで、基本的には放っておいても3日~1週間程度で治ります。しかし痛みや痒みなどの不快症状がある・症状が長引く・数が多くて気になる場合は皮膚科で受診しましょう。

皮膚科では基本的には塗り薬の処方で治療しますが、毛嚢炎が重度の場合は患部を切開して膿やしこりを出す場合もあります。クリニックで脱毛する場合は、毛嚢炎ができたときに備えて予め軟膏を処方してもらえることもあるので、事前に相談するのがおすすめです。特に普段からニキビや吹き出物が出やすい人は、予め申告しておくとよいでしょう。

脱毛による毛嚢炎を予防するには?

ニキビ予防と同じです。脱毛部位を清潔に保ちよく保湿すること、バランスのよい食事を摂ることが毛嚢炎予防のポイントです。

清潔に保つ

下着やタオルなど、脱毛部位に触れるものは清潔なものを使用します。夏場など汗をたくさんかくときは、こまめに着替えることも大切です。特にVIOと脇は汗で蒸れやすいので、肌に合うオリモノシートや汗取りパッドを利用するのもおすすめです。外出先で着替えられないときも、シートやパッドの交換で対応できるので手軽です。

また、汗が毛嚢炎によくないからと言って制汗剤や汗ふきシートを使い過ぎるのは禁物です。これらの商品は肌に有害な重金属が含まれているものが多く、重金属は毛穴に詰まりやすいので毛嚢炎を引き起こしやすくしてしまいます。

汗をたくさんかきそうなときは、ベビーパウダーを軽くはたいておくのがおすすめです。肌をサラサラに保つ効果が高いので雑菌の繁殖を抑えることにつながり、毛穴に詰まる心配もありません。

見落としがちですが、シーツや枕カバーなど肌に触れる寝具もこまめに交換して清潔なものを使いましょう。

また、施術後数日間は雑菌の感染を防ぐため、脱毛部位をなるべく触らないようにします。タオルで強く擦るなどの刺激も与えないよう注意します。施術当日は飲酒を控え、極度な運動を控えます。

充分に保湿する

乾燥している肌も抵抗力が弱くなり、刺激や雑菌に弱くなります。また、脱毛で体毛が減ってくると皮膚を保護する毛が少なくなる分、乾燥しやすく刺激に弱くなります。脱毛期間中は特に、充分な保湿を心掛けましょう

普段より刺激に弱くなっているので、なるべく使い慣れた化粧品などで保湿するのが理想です。通常のお手入れよりも高い保湿力が必要になると考えて準備しておくと無難です。

栄養バランスに留意する

栄養バランスも大切です。脂質や糖質を摂り過ぎると皮脂分泌が過剰になるので、余分な皮脂を餌に雑菌が繁殖しやすくなり、皮脂で毛穴が詰まるため毛嚢炎を引き起こしやすくなります。

食生活が偏りがちな人やニキビができやすい人は、食事内容に気を配る他にサプリメントを活用してもよいでしょう。栄養面から毛嚢炎を予防するには、ビタミンB群のサプリメントが効果的です。サプリメントもメーカーによって配合されている栄養素や配合量・効き方が違うので、サプリメントが必要になりそうな人は自分に合うものを見付けておきましょう。

毛嚢炎になったら脱毛はできない?

施術を断られる、毛嚢炎を避けて照射するなどサロンやクリニックによって対応が異なります。カウンセリングのときに確認するのがおすすめです。また、毛嚢炎は脱毛できても、毛嚢炎が治った後の色素沈着は脱毛できないサロン・クリニックも多くあります。

毛嚢炎は、無理につぶしたりいじったりすると色素沈着など跡が残りやすくなります。なるべく刺激しないよう注意し、自然に治るのを待つか皮膚科医に診てもらいましょう。

毛嚢炎になりやすい人は、ニキビ肌も脱毛できるハイパースキン脱毛を行うディオーネか、同じくニキビ肌も脱毛できるレーザー脱毛器のメディオスターを導入しているクリニック(湘南美容外科レヴィーガクリニック)で脱毛する方法もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?毛嚢炎そのものは不快感がなければ心配ありませんが、治った後の色素沈着は注意が必要です。特に、色素沈着を起こしている部分を脱毛できないサロン・クリニックに通っている人は充分に注意しましょう。

皮膚の浅い部分にできる毛嚢炎は触らなければ跡になりにくいですが、皮膚の奥深くにできる毛嚢炎は跡になりやすく、色素沈着を起こしやすいので気を付けましょう。「跡が残りそうかな?」と思ったら、ビタミンCの摂取と保湿を心掛けて色素沈着を予防してくださいね。

【2017年10月版】パーツごとの料金比較