脇やVIOなどのムダ毛を長期間自己処理を続けている人の中に、お肌が黒ゴマのようにブツブツとなっている人がいるかもしれません。それは「埋没毛(埋もれ毛)」という、ムダ毛の自己処理で最も起こりやすい肌トラブルの一つです。

埋没毛は放置しておくと「再発しやすい」「皮膚の中で毛が残ってしまう」など、後で大変な目に合う可能性が高く、脱毛をしてしまえば埋没毛の心配から解放されます。そして脱毛するなら「光脱毛」より「医療レーザー脱毛」がおすすめです。その理由を見ていきましょう。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】

埋没毛って?

埋没毛の症状と原因とは?

「埋没毛」はムダ毛を自己処理した時に最も起こりやすい肌トラブルの一つです。例えば毛抜きを使って太い毛をうまく抜くことができず(毛が生えている向きに逆らって抜いてしまった時など)毛根からムダ毛が抜けずに皮膚の中で毛が途中で切れてしまうことがあります。

その時毛穴も一緒に傷ついてそのうちカサブタができ、毛穴を塞いでしまうと伸びてきたムダ毛が皮膚の外に出ることができずに皮膚の中で伸びてしまっている状態をいいます。皮膚は黒ゴマのようにブツブツした状態になり見た目がよいものではなく、触ってもザラザラします。

自己処理で埋没毛になりやすい部位は?

埋没毛になりやすい部位には共通性があります。それは「皮膚が柔らかい場所」「ムダ毛が生えている向きが不ぞろいな場所」で、いずれも自己処理で肌を傷つける可能性が高いためです。

具体的には脚のひざ下、ひじ下、Vライン、眉毛、ヒゲ(男性)などがあり、自己処理をするなら細心の注意を払って行わなければならず、処理後はできれば消毒するつもりで、もしくは最低でも保湿だけは絶対に行いたいです。

自己処理で埋没毛になったらどうしたらよい?

埋没毛は一度起こると治った後に自己処理を続ければまた再発する可能性が高いです。中には一度発症すると針を使って毛穴からムダ毛を「ほじくり出す」人もいるようですが、衛生的にもよくないので絶対やめるべきです。

埋没毛を発症したらまずは自己処理を中止し、お肌の保湿をしっかりとして毛穴の傷が治るのを待つこと、そうすれば自然と毛穴の外にムダ毛が出てきます。必要なら市販されている「ピーリング石鹸」「あかすりタオル」などのアイテムでお肌を洗う方法もありますが、特に肌の弱い人はこれらのアイテムを使いすぎるのもよくありません。

また症状がひどい場合には皮膚科で皮膚を切開してムダ毛を取り出す処置をしてもらうことも可能です。切開というとった大変に聞こえますが、それほど大変な処置ではないまでも頻繁だと嫌ですよね。

これらが負担ならもう自己処理はすべきではなく「脱毛」がおすすめです。

埋没毛のある部位の脱毛は可能?

埋没毛のある部位は医療レーザー脱毛がおすすめ

基本的に埋没毛を起こしている部位でも脱毛は可能です。しかしながら埋没毛は肌トラブルの一つなので、もし何かあった時にすぐ対応できる病院の「医療レーザー脱毛」で処理をしてもらった方がよいでしょう。もちろん病院でも「施術をしてくれないクリニック」や「先に埋没毛の処置をしてから脱毛をするクリニック」もあります。

病院で施術をしてくれない理由の一つとして、医療レーザー脱毛は光脱毛よりもそのパワーは強力で、毛根部分だけにダメージが加わって抜け落ちても皮膚の中に毛が残ってしまう可能性があるためで、埋没毛が解消するまで待たなければなりません。埋没毛のある部位の脱毛はこのようなリスクがあることを知っておかなければなりません。

ちなみに脱毛サロンでは埋没毛のある部位の施術は「可能なサロン」と「断られてしまうサロン」があります。施術が可能な所でも慎重に施術が行われるため、他の部位よりも回数が必要になってしまいその分料金が多くかかりますよね。

埋没毛と色素沈着がある場合は?

例えば脇のムダ毛を毛抜きやかみそりを使って長期間自己処理をしてきた人は埋没毛とかみそりの度重なる刺激が原因の「色素沈着」を起こしている人もいるでしょう。

色素沈着がひどすぎる場合は光やレーザーが反応し過ぎてしまい「やけど」の原因となるため施術はできません。しかし医療レーザー脱毛は軽度の色素沈着なら次第に薄くなっていく可能性があります。

脱毛して埋没毛になることはあるの?

脱毛サロンや病院での脱毛が原因で埋没毛になることはまず考えられません。しかし稀にデリケートゾーンの脱毛でワックスを使う脱毛サロンがあり、これで発症する可能性はありますので脱毛後に気になる点があれば相談することが大切です。

まとめ

埋没毛はとてもやっかいな肌トラブルの一つで、自分で解決しようとすると更にひどくなったり再発したりすることが分かっていただけたかと思います。そもそもムダ毛処理を続けることを面倒だと感じていた人、また「これ以上埋没毛に悩まされたくない」という人はぜひ脱毛することを検討してみてもよいでしょう。

埋没毛のある部位はそうでない部位と比べると脱毛の効果が出るまでに時間がかかります。「来年の夏までにムダ毛をなくしたい」という、早く効果を出したいという人は早めに相談することをおすすめします。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】