最近では小学生から毛深いと悩んでいる子も多いようです。
子どもが脱毛なんてと考えてしまうかもしれませんが、未熟な子供たちが集まる学校などでは、どうしても外見的特徴を見つけてはからかったりしがちです。
子どもが脱毛なんてと思う前に、自分自身が毛深くて悩んでたらどうだろう?と一緒に考えてあげることが必要だと思います。

安易に、カミソリなどで剃ってあげるのは良くありません。
大人でさえ、カミソリなどの自己処理ではお肌に相当なダメージを与え、肌トラブルの元となってしまいます。
それを、デリケートで薄い子どもの肌にしてしまったら、大変なことになります。安く済ませることができるからと言って、一生、そのキズなどを残したらかわいそうです。

まずは、抑毛ローションを試してみて下さい。肌への安全性も高く、抑毛効果も高いローションが販売されています。
例えば、コントロールジェルMEやパイナップル豆乳ローションなどがあります。
小さな子どもにも使える天然成分が主成分なので、安心して使うことができます。

抑毛ローションを気になる部分に使い続ければ、徐々に薄くなっていきます。それに、小学生の内の毛が細くて弱い段階から、ケアしてあげると、効果も高まります。

即効性を求めるのであれば、子どもでも通える脱毛サロンもあります。7歳以上の子どもであれば脱毛可能で、親子割というコースも出されていますので、お母さんと一緒に行けば子どもも安心ですね。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛