脱毛をしたいけど痛みが気になる人が多いと思います。そもそも脱毛は主に毛を作る組織に熱を加えることでダメージを与える仕組みであることから痛みがあって当たり前で、毛の量や部位によっても痛みは変わってきます。

一方で脱毛を行っているサロンやクリニックによって様々な脱毛機が導入されており、痛みを感じないような機械も開発されてきています。

しかし痛みの感じ方には個人差があり、同じ機械でも「全く痛くない」という人や「痛くて諦めてしまった」という人がいますので、痛みに弱い人はぜひ体験して確認することをおすすめします。

ここでは痛くない順に脱毛方法をランキング形式で紹介します!

ハイパースキン脱毛

一部のサロンで行われている「全く痛くない」と言われている脱毛方法です。休止期の毛に対して処理が行われるので痛みをほとんど感じることなく、お肌の弱い人でも施術が可能です。

ハイパースキン脱毛はディオーネが採用しています。

ディオーネ

ディオーネの詳細

S.S.C.脱毛(光脱毛)

サロンで行われている光脱毛の一種です。特殊なジェルと光を使うことで肌への負担を軽くすることができ、美肌効果も得られます。毛が生えている状態で施術を行います。「ほんの一瞬だけ痛みを感じる程度」と言われています。

S.S.C.脱毛はミュゼと脱毛ラボが採用しています。

ミュゼ

ミュゼの詳細

脱毛ラボ

脱毛ラボの詳細

IPL脱毛(光脱毛)その他一般的な光脱毛

多くのサロンで導入されている一般的な脱毛方法で、お肌に特殊なジェルを塗ってから黒いメラニンに反応するフラッシュを照射することで毛を作る組織にダメージを与えます。痛みについては「輪ゴムで弾いた程度」と言われています。

ダイオードレーザー(医療レーザー脱毛)

美容外科などのクリニックで導入されている脱毛機です。毛根のみにレーザーを照射するので肌周囲には影響がありません。機械に冷却装置がつけられており事前に冷却することで痛みを軽減させています。「痛みがほとんどない」という所もあるようです。

またダイオードレーザーの最新機種で「ソプラノ」や「ライトシェアデュエット」もあります。ソプラノは毛を作る組織の上部(毛包)にレーザーを照射するので痛みは少なく、ライトシェアデュエットについては皮膚を吸引しながらレーザーを照射することで「ほぼ無痛」で処理できると言われています。

関連記事

アレキサンドライトレーザー(医療レーザー脱毛)

クリニックで導入されている脱毛機では他にも「ジェントルレーズ」や「G-MAX」があります。両者とも冷却ガスでお肌を冷却して一時的に感覚を麻痺させてからレーザーを照射することで痛みを軽減させています。
特にG-MAXはVIOラインのようにしつこいムダ毛の処理には最適です。痛みに弱い人には更に麻酔が使われることもあり、安心して施術を受けることができます。

【2017年7月版】パーツごとの料金比較