エステやクリニックなどで脱毛施術を受けている期間中は、日焼けをしないように注意しなければなりませんが、日焼けサロンでの日焼けは大丈夫なのでしょうか?

日焼けサロンでの日焼けも、紫外線によりメラニン色素が皮膚内で生成されるというメカニズムは、直射日光を浴びる場合と同じです。

日焼けサロンでの日焼けは、直射日光で短時間で日焼けするよりも、皮膚へのダメージは少ないようですが、脱毛期間中は控えた方が無難でしょう。

日焼けサロンでは、1回ですぐに理想の褐色の肌になるわけではありません。
理想の色になるには、サロンに3~4回は通う必要があるようです。

紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されますが、これを数回繰り返すことで少しづつ褐色の肌色になっていきます。

焼けサロンは、日本ではまだファッションの領域にとどまっていますが、欧米諸国においては、日光浴が生活の一部となっているように、日焼けサロンも文化として確立されているようです。

紫外線には悪いことばかりではなく、生理活動を支える作用も備わっており、紫外線を浴びないとカルシウムの吸収効率が落ちる、骨や筋肉が弱くなる、ホルモン分泌バランスが悪くなる、ウツ状態になる、アレルギー体質になりやすくなる、免疫力が落ちるといった弊害が起きる可能性があります。

こうしたことから、タンニングマシン(人工日光浴)は日照不足のヨーロッパで開発され、健康を目指す幅広い年齢層の人たちに愛用されてもいるのです。

真っ黒に日焼けしている人は、脱毛サロンの光脱毛も、クリニックでの医療レーザー脱毛も受けることはできません。

日焼けしている人でも受けられる脱毛は、美容電気脱毛のみです。

美容電気脱毛は、TBCミスパリで受けることができるので、どうしても脱毛したい方は、検討してみてはいかがでしょうか?