日焼けした肌でも脱毛できるのでしょうか?答えは「いいえ」です。
レーザー脱毛や光脱毛をする際の注意事項として「日焼けをしている場合は施術を受けることができません」という項目があるのが普通です。

レーザー脱毛や光脱毛は、黒い色に光が反応して脱毛するという仕組みになっているため、日焼けした肌にも反応してしまいます。日焼けをした肌に、光を当てると、メラニン色素に反応して火傷をしてしまう恐れがあります。
軽度の日焼けなら、施術を行ってくれるサロンもあるかもしれませんが、日焼けした後の肌は乾燥しているため、施術中に痛みも感じやすくもなります。
キャンペーンや
それに、光のターゲットが分散化し、ムダ毛の毛根に十分な効果を与えられないということにもなります。万が一、日焼け対策をせずに日焼けしてしまったら、肌がおさまるまで待ってから施術を受けるようにしましょう。

サロンに通っている間は、紫外線対策もしっかりしておく必要があります。
もし、紫外線が強い所に行く場合でも、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘を使うなど対策を万全にしておく必要があります。
それでも、やはり夏は日焼けする機会が多いので、不安な人は、夏が終わって秋になってから脱毛をスタートさせるのが良いタイミングだと言えます。

それに、レーザー脱毛や光脱毛を受けている期間は、毛を抜くことはできず、剃ることしかできないため、夏、水着に着替えるから抜いてキレイにしたい!という時でも不自由さを感じるかもしれません。そういった面でも、夏はあまり脱毛に向かない季節と言えます。

日焼けをしてるけど、どうしても脱毛したい!という人は美容電気脱毛をおすすめします。

美容電気脱毛はTBCミスパリで受けることができますので、日焼けしていて脱毛したい人は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?