日焼けしてると脱毛できないって本当?

現在、サロンで主に行われている「フラッシュ脱毛」で使われている脱毛機のほとんどで、またクリニックで主に行われている「医療レーザー脱毛」で使われている一部の脱毛機では、黒色のメラニン色素に反応するフラッシュやレーザーを使用して毛を作る組織を破壊することでムダ毛を処理します。

そのため肌が日焼けをしていたり、生まれつき色黒な人、そして色の濃いシミやホクロがあると、照射時に反応して後で火傷のような状態になってしまうため脱毛ができません。また十分な効果を得られない可能性もあります。

自分は肌の色が心配だという人は事前のカウンセリングで相談をし、必要であれば日焼けが治まってから施術を行ったり、シミやホクロはレーザーなどで除去したり絆創膏で隠して施術をする必要があります。

そして脱毛期間中でも日焼けをしないように紫外線ケアをいつも以上にしっかりと行う必要があります。

もし肌の色が問題で施術ができなかった場合、肌の色に関係なく脱毛できる方法がいくつかあります。

日焼けしていてもOKな脱毛方法は?

美容電気脱毛
一部の医療レーザー脱毛(ソプラノ、ヤグ)

サロンやクリニックで肌の色の関係で脱毛が出来ないと言われた場合、実は他の方法があります。

そのうちの1つがクリニックや一部のサロンで行われている「美容電気脱毛」です。
毛穴一つずつに針を刺して微弱な電流を流すことで毛を作る組織を破壊する仕組みで、どのような毛質でもどのような肌質でも処理できるのがメリットです。

ただし、美容電気脱毛ではかなりの痛みを伴うと言われており、クリニックでの施術であれば麻酔で痛みを軽減することはできますが、サロンでの施術は痛みが我慢できない可能性もありますので事前に体験して痛みを確認することが重要です。
実際に体験をした人の口コミを見ても「痛くて途中で諦めてしまいました。」というものが多く、これが多くのサロンで施術が行われていない理由です。
美容電気脱毛はTBCなど一部のサロンで施術を受けることができます。

TBC

TBCの詳細

またクリニックで導入されている医療レーザー脱毛の機械で肌の色に関係なく施術ができる機械があり「ソプラノ」「ヤグレーザー」などがこれにあたります。

いずれもレーザーが他の機械よりも多少弱くて毛を作る組織ではなく、「毛包」という毛を作る組織の上部にダメージを与える仕組みで、痛みやダメージを抑えています。

これらの機械で脱毛を希望する人は施術を希望するサロンではどんな機械が使われているのかを確認するようにしましょう。そしてできれば体験をして痛みを確認することをおすすめします。

ソプラノ脱毛はレヴィーガクリニック、ヤグレーザーはフェミークリニックで体験することができます。