脱毛は肌に負担がかかる?

ムダ毛を長期的に自己処理してきたことで肌トラブルに悩まされている人がいるかもしれません。また、ムダ毛を脱毛したいけど肌が弱いから躊躇している人もいるでしょう。

サロンやクリニックで主に行われる脱毛方法はお肌にフラッシュやレーザーを照射することで熱のエネルギーに変わり、毛を作る組織にダメージを与える仕組みです。肌に全く負担がないかと言えばそうではありません。

しかし、一般的にサロンでの脱毛は使われるフラッシュのパワーが弱いことから肌に優しく、肌トラブルの心配はほとんどありません。またクリニックでの脱毛も主に行われるレーザーの強さを調節することで肌の弱い人でも対応できます

それでも施術後に肌の赤みや痒み、肌荒れなどのトラブルが起こる可能性もあり、肌トラブルのある人や乾燥肌やアトピー肌など自分は肌が弱いと思っている人は必ず事前にカウンセリングで相談することが脱毛で肌に負担をかけないためには最も重要なことです。

また、脱毛後の注意事項を守らないことでトラブルが起こる可能性もあります。例えば脱毛後は肌が乾燥した状態で放置しておくと肌がヒリヒリすることもあります。そのため、脱毛後には保湿をしっかりとすることが必要です。また日焼けもよくないので普段からしっかりと紫外線ケアをすることが重要です。

それでも万が一トラブルが起こってしまった場合はどのように対処するのかを事前に確認して対処し、すみやかにサロンやクリニックに相談しましょう。クリニックであればすぐに対処することができますが、最近では医療機関と提携したサロンも増えており、すぐに対処することができます。心配な場合はこのような所を利用することをおすすめします。

肌にやさしい脱毛方法

最近では肌の弱い人向けの脱毛方法を行っているサロンが増えています。通常の脱毛は成長期の毛に施術をすると効果があります。「ハイパースキン脱毛」は休止期の毛(自然に抜けた毛の毛穴に残る毛の種のような状態)に対して処理が行われるため時間はかかりますが、肌の弱い人でも安心です。

ハイパースキン脱毛はディオーネで施術を受けることができます。

また「S.S.C.脱毛」はフラッシュ脱毛の一種でフラッシュを照射することで特殊なジェルが肌に浸透し、毛の成長を遅らせる方法です。肌への刺激がほとんどなく痛みも「ほんのりと暖かさを感じる程度」だと言われています。

S.S.C.脱毛はミュゼ脱毛ラボが採用している脱毛方法です。

これらの脱毛方法はどこでも行われているわけではないので希望する場合には事前に確認しましょう。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛