ムダ毛の悩みから解放してくれる、サロンやクリニックの脱毛は魅力的ですよね。最近は手頃な料金のサロン・クリニックも多いので脱毛を検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、ときどき「脱毛で火傷を負った」と言うニュースが出るので不安もあります。

そこで「脱毛で火傷しないための方法」「火傷してしまった場合にどうしたらよいか」など、脱毛が原因の火傷について詳しくお伝えします。「跡が残ってしまった場合にどうしたらよいか」もお教えしますので、もしもの場合に備えて必ず読んでくださいね。

【2017年10月版】脱毛サロンの格安キャンペーン最新情報まとめ

脱毛で火傷することはあるの?

一般的に光脱毛・レーザー脱毛は高温の光で毛根にダメージを与えるので、事故でなくても施術直後は軽い火傷状態になります。通常は肌質や毛質に合わせて出力を調整しているので、見た目にわからないか少し赤くなる程度ですが、何らかの理由で治療が必要な火傷を起こすケースもあります。

レーザー脱毛だけでなく、光脱毛でも火傷することはある?

あります。特に施術に慣れていないスタッフは、相手の肌に合わせて適切な出力に調整するのが難しいので、事故も起こりやすいです。出力過剰だけでなく、照射ヘッドを肌に当てる力加減が強すぎても火傷の原因になりますし、施術時の冷却が不充分なのも火傷の原因になるので、施術が雑なスタッフも要注意です。

脱毛後は多かれ少なかれ火傷状態になるのが通常です。問題になるほどの火傷が発生することは少ないですが、脱毛するときは自宅にアイスノンなどしっかり冷却できるものを準備しておきましょう。万一のときに病院に行くまで冷やせるので安心です。

火傷しないために気を付けるべきことは?

技術力の高いサロン・クリニックを選ぶ

第一に、人によって耐えられる出力が違うので熟練した施術者に照射してもらうことが重要です。客ごとの肌質や毛質を正確に見極めるには多くの経験が必要になるので、新人に施術させるサロンは要注意です。

また、施術が雑なサロンやスタッフに過労傾向が見られるサロンも避けましょう。火傷を避けるためには冷却ジェルをきちんと塗る、施術中のお客の反応をきちんと観察するなど慎重な対応が必要ですが、サロンの中にはジェルを塗り忘れる、照射中に施術スタッフが居眠りすると言ったサロンも存在します。

クリニックについては施術スタッフは医療資格を持った人で、最低でも看護師の場合が多いので比較的安心です。

日頃から肌の乾燥に注意する

肌が乾燥していたり弱っていると火傷しやすいので、脱毛期間中はしっかり保湿します。日焼けも肌の乾燥を招くので、脱毛期間中は日焼けしないよう注意しましょう。生活する中で知らない間に、肌の色がハッキリ黒くなるほどでない軽い日焼けをすることもあります。

自覚を伴わない日焼けは日焼けしていることを申告できず、見た目にわからないためスタッフも気が付きにくいので注意が必要です。窓ガラス越しの紫外線も、意外に日焼けします。「コンビニに行くだけだから」「今日は家にいるから」などと思わずに、日中は必ず紫外線対策をしましょう。UVカット加工された衣類や帽子などを活用すると、手間をかけずに日焼けを防ぐことができます。

火傷した場合のサロン・クリニックの対処や治療法は?

サロンの場合

治療について

脱毛が原因で火傷が生じた場合、サロンは治療費・通院のための交通費を全額負担する義務があります。火傷の場合にどうなるのか契約書に書かれているのが普通ですが、書かれてなくても請求できます。

ですが光脱毛を行うサロンにとって火傷は充分に想定できるリスクなので、火傷の場合の対応について契約書に明記しているサロンを選ぶのが、良心的なサロンを選ぶポイントの一つです。

サロンに対応してもらうには脱毛が原因の火傷と言う証明が必要になるので、火傷かもと感じたら速やかに病院へ行ってください。火傷の発生から時間が経ってからの受診では負傷した時期を特定するのが難しくなり、脱毛との因果関係が証明しにくくなります。医療機関と提携しているサロンの場合は、受診する医療機関を指定される場合アリです。

跡が残った場合

火傷の跡が残った場合は、法的に後遺症と見做されるので慰謝料の請求も可能になります。過去の判例では、施術費用全額返還と慰謝料を含む百数十万円の損害賠償が認められたケースがあります。慰謝料を請求するには弁護士の介入が必要になるので、弁護士費用の大まかな目安も記載します。

裁判を起こす場合の弁護士費用の相場は着手金10~30万円+成功報酬として損害と認定された金額の10%です。裁判を起こさず、弁護士から内容証明を送ってもらう方法だと弁護士費用は数万円程度が相場です。後者の方法でも自分だけで交渉するより、サロン側も訴えを無視できなくなるので有利に展開しやすくなります。

クリニックの場合

脱毛を行うクリニックは形成外科的な診療科目もあり、脱毛による火傷の治療もしてもらえます。火傷は手当が早いほど軽く済むので、通う脱毛クリニックが遠くてすぐに行けない場合は近隣の医療機関で早急に見てもらってください

ただし、その場合は他の医療機関の治療費を負担してくれるクリニックと、そうでないクリニックがあります。緊急の場合にどうしたらよいか、どのように対応してもらえるか契約前に確認しておきましょう。

また塗り薬の処方など基本的な治療は無料で行ってもらえるクリニックが多いですが、跡が残った場合など火傷そのもの以外のフォローをどこまでしてくれるのかは契約前に確認したほうが安心です。

納得のいく対応をしてもらえない場合は、サロンの場合と同様に弁護士に相談してください。

火傷のリスクが低い脱毛方法とは?

レーザー脱毛は火傷のリスクが高い

レーザー脱毛は出力が高い分、光脱毛よりも火傷を起こしやすいです。しかしレーザーを扱うのは医療機関なので火傷の際の処置もサロンより安心です。また、火傷のリスクが少ないメディオスターと言うレーザー脱毛器もあります。

メディオスターとは?

発毛因子(バルジ)に、蓄熱式と呼ばれるジワジワと熱を伝える方法でダメージを与えて脱毛するレーザー脱毛器で、ダイオードレーザーの最新機種の一つです。高熱を一気に加える他のレーザー脱毛器よりも火傷しにくく、痛みもほとんど感じません。火傷しにくく痛みが少ない=肌にやさしいと言うことでもあります。

脱毛で火傷するのが怖い人、もしものときの手続きややり取りが負担になりそうに感じる人は、メディオスターを扱っているクリニックを選ぶのもおすすめです。
関連記事:メディオスターの脱毛効果と痛み、導入クリニックまとめ

まとめ

いかがでしたか?多くの人に高い効果が出ている光脱毛・レーザー脱毛は非常に魅力的ですが、残念ながら火傷の可能性もあります。しかし脱毛による火傷は100%、本人または施術者の不注意が原因です。火傷を起こす原因を正しく知って、上手に予防してくださいね。

もしも火傷の事故が起こってしまったときは泣き寝入りせず、他のお客さんのためにもサロンやクリニックにきちんと対応してもらいましょう。話し合いに応じてもらえない場合は弁護士に間に入ってもらうとスムーズです。弁護士は敷居が高いと言う人は、最初は無料法律相談などで相談してもよいでしょう。

【2017年10月版】パーツごとの料金比較