脱毛のニーズ増加に伴い、近年では実に様々なタイプの脱毛サロンがあります。

医療クリニックとエステサロンが融合したメディカルクリニックや、脱毛に+α、痩身、ネイルサロン、まつ毛サロン、マツエクも同時に施術できるトータル美容サロンなどもあり、何を基準に選ぶべきか、実に迷うところですね。

ただ、中にはきちんとした認可も受けていないような質の悪いサロンもあり、過剰な勧誘や、火傷や肌トラブル、訴訟など様々なトラブルが続出しているのも事実です。

そこで、サロン選びに失敗しないためには、避けるべきポイントをしっかりと見極める必要があります。以下にポイントをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

■ カウンセリングが不明瞭

大抵のエステサロンでは、事前に施術やコースに関してのカウンセリングがあります。この際、料金やプラン、メリットのみの説明を簡単に済ませようとするサロンはあまりお勧めできません。
やはり、施術に伴うリスクやトラブルが起きた際のアフターケアなどもしっかりとした説明があるサロンを選びましょう。

■ 店内が不衛生・機器が古い

基本的に店内が不衛生に感じるサロン避けるべきです。不衛生であるということは、社員教育が行き届いていなことであり、スタッフの態度も悪く、技術も低いサロンにありがちです。
機器が古いサロンも、火傷や肌トラブルなどの危険に繋がるので要注意です。

■ 料金設定が不明瞭

料金設定について、明確な説明がされないようなサロンも避けるべきです。
色々と有料のオプションがあったり、ホームページに載せられていない高額のオプションなどを高く売りつけられる危険性可もあります。

■ 個人経営のサロン

個人経営のサロンは、大手のサロンと違い、宣伝ができない分、お客も少なく、予約が摂りやすいというメリットはありますが、そこに大きなリスクもあります。それは、通っている途中にサロンが潰れてしまうことです。

もし、高額の契約をしている最中に、サロンが倒産してしまった場合、支払った料金は一切戻ってこないというリスクがあります。

また、個人経営だと経営事情が厳しいため、比較的に技術・質ともに悪い内容になる可能性が高いです。
それでも個人経営のサロンをと考えている方は、以上のようなリスクを念頭に、よく検討されることをお勧めします。

サロン選びのポイントは、自分自身、何を優先して決めるのかをはっきりとさせた上で、予めサロンの情報収集などをして、自分のニーズとぴったりと一致したサロンを厳選することがポイントです。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛