脱毛サロンでは全ての肌質の人が脱毛施術を受けることができるのでしょうか?

よく言われるのが日焼けした肌ですが、その他にも施術できないケースがあります。基本的に、体と肌が健康であることを確認した上で施術が行われます。

アレルギー体質や、ケロイド体質、極度の乾燥肌や、光過敏症など、肌に何らかの症状がある場合は施術できないことが多いようです。

また、ほくろやアザのある部分、日焼けした肌には施術ができません。脱毛機の光エネルギーは、黒い色に反応して脱毛する仕組みになっているため、火傷の可能性もありますし、痛みも強くなってしまうからです。ほくろやアザの部分については、脱毛サロンでは、白いシールなどを貼って光を当てるようになっています。そうすることで、その部分ギリギリまでの脱毛が可能ですし、そこに光が当たる危険性もありません。タトゥーをしている場合も、同様に白いテープなどを貼って施術が行われます。

薬の服用中の方も施術を受けられない場合があります。抗生物質や抗菌薬、抗ガン剤、利尿剤、解熱鎮痛剤、塩酸チリンロール、血糖降下剤、向精神病薬などを服用している場合は、副作用で光線過敏症が出やすいため、担当医に相談し、脱毛が可能かどうか指示を仰ぎましょう。

また、妊娠中や産後しばらくは脱毛施術を控えているサロンが多いようです。また、生理中についても同じです。妊娠中や産後間もない頃は、ホルモンバランスが崩れ不安定になっており、免疫力が低下したり、施術の痛みによるストレスも心配されるためです。

このように、どんな状態でも脱毛をすることができるわけではありません。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛