巷では、よくカミソリや毛抜きでムダ毛を剃ったり抜いたりすると、濃くなる、太くなるといったような話を聞きます。それは事実なのでしょうか?濃くなるという医学的根拠はないようです。

カミソリで剃った場合、毛が途中で切断されるため、太くなったように見えてしまいます。
剃っていない毛は、毛の先端が細くなっているので、それと比較すると、太くなったように見えるだけです。男性のひげを見ても分かりますが、伸びてきたら細く見えるヒゲも、生え始めの毛は太く濃く見えてしまいます。

では、毛を抜いた場合はどうでしょうか?毛穴の数が変わることがないので、毛を抜いたからと言って、毛が増えるということはありえません。濃くなることもないです。
しかし、毛根から毛を抜くと、毛根部分の成長・再生させる働きをする細胞を刺激してしまうので、今までより太くなってしまったり、毛が硬くなるという可能性が無いとは言い切れません。

また、ムダ毛が気になり始める思春期などに脱毛をしてしまうと、時期的に成長過程として毛が濃くなっているため、剃ったら濃くなったと思っている人もいるかもしれません。

また、剃ったり抜いたりするのとは関係がありませんが、ホルモンの影響で濃くなることはあります。
女性ホルモンの分泌量が、ストレスで自律神経に障害が出たり、更年期障害などで減少すると、一時的に毛が濃くなることもあります。そういう時期に気になるムダ毛を処理したら濃くなってきたと勘違いすることもあるかもしれません。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛