レーザー脱毛とは、メラニン色素に反応するレーザーをムダ毛に照射し、毛根部分にダメージを与え、組織を破壊して毛を生えなくする脱毛です。

光脱毛と仕組みは似ていますが、レーザー脱毛は、照射時間が長く、その分熱が長く伝わるため、脱毛効果も高くなります。

家庭用のレーザー脱毛器は、医療用レーザー脱毛とは違って、出力が低くなっていて、強さも調整できるようになっています。出力が低く抑えられてはいますが、使い続けることによって毛は細く薄くなっていき、目立たなくなっていきます。

では、レーザー脱毛器のメリットとデメリットを見ていきましょう。

レーザー脱毛器は、照射範囲が狭いため、細かい部分のムダ毛をキレイに脱毛することができます。例えば、指の毛や、脇などです。また、数回照射すれば十分な脱毛効果が得られ、毛が生えてこなくなる可能性が高いというのも大きなメリットです。光が皮膚の奥まで届くため、美肌効果も期待でき、次第に肌もキレイになっていくことがあります。また、カートリッジが不要というのも特徴になります。

しかし、出力が強く脱毛効果が高い分、脱毛時に痛みを感じたり、肌が弱い人だと毛穴が赤くなったり、肌にダメージを与えてしまう可能性があります。また、レーザー脱毛器は価格が高いというのもデメリットになるでしょう。

のようにメリット、デメリットが存在しますが、肌が弱いと自覚している人や、冷やしたり刺激を与えないようにするアフターケアが面倒だという人は、やめておいた方が良いかもしれません。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛