人の体内ではホルモンが分泌されており、体毛はホルモンの影響を大きく受けています。女性の体内でも男性ホルモンは少ないながらに一定量分泌されています。男性ホルモンは、発毛を促す毛母細胞や皮脂線に大きな影響を与えるため、男性ホルモンが多く分泌されている女性は、毛が濃くなりやすいのです。特に、更年期を迎えた女性は体毛が濃くなる場合があります。

更年期になると、これまで分泌されていたエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つの女性ホルモンが減少し、一定量分泌されている男性ホルモンの影響が強くなるために、体毛が濃くなる現象が起きます。これまで産毛のようだった口周りの毛が、太く濃くなったという女性も多いようです。

更年期とは、閉経する前後10年くらいの期間のことで、女性の体調は大きく変化していきます。閉経の平均年齢は、だいたい50歳前後ですので、更年期はだいたい45歳から55歳くらいと言われています。閉経に伴い女性ホルモンの分泌量が減るために、体調が大きく変化し、めまいや頭痛、不眠、イライラなど精神的にも肉体的にも影響を受けます。その中の一つに体毛が濃くなるという現象も現れてくるのです。

減少してしまった女性ホルモンは、サプリメントや食事から摂り入れることができます。代表的な食べ物が、大豆イソフラボンを含む、納豆、豆腐、きなこ、豆乳などです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、抑毛効果が期待できます。更年期になったら積極的に大豆製品を摂り入れるなどしてみたら良いでしょう。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛