毛抜きによるムダ毛の自己処理は、カミソリと同じくらい最も手軽で誰もが試したことのある方法でしょう。
毛抜きによる処理は、毛根ごと抜き取るため、カミソリなどでの表面処理と違って、生えてこない期間が長いところがメリットです。

また、毛抜きは、安価な上、カミソリのようにシェービングフォームも、他に特別な道具が要らないのがポイントが高い点です。毛抜きさえあれば、根気良く1本1本を毛を抜いていくだけです。最も、コストが安く済む脱毛方法と言えるでしょう。

このような手軽さがメリットではありますが、実はデメリットも大きいのです。

まずは、毛抜きで抜く時には、個人差はあるものの、痛みを伴います。
しかも、1本1本しか処理できないため、根気もいりますし、時間がかかりますし、1回1回が痛みを感じることになります。

特に、皮膚が敏感な部位は痛みを強く感じてしまいます。痛いということは、当然、肌への負担もあります。
毛抜きで抜くと、皮膚に埋まっている毛根を強引に引き抜くのですから、処理後は、肌が赤くなることが多く、ヒリヒリと痛むことも多いと思います。

また、皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛ができる可能性もあります。埋没毛をさらに毛抜きで抜こうとすれば、皮膚を裂いたりえぐるという行為になってしまうので傷跡が出来たり、それがシミになってしまうこともあります。特に肌が弱いという人は、毛抜きで毛を抜くと、肌を傷め、肌トラブルの原因を作ってしまいますので十分注意が必要です。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛