電気脱毛器は、毛抜きと同じ方法で、毛根から毛を抜いていきます。毛抜きは1本1本を自分で抜いていく地道な作業で、相当な時間と手間がかかっていました。しかし、電気脱毛器の登場により、だいぶ手間が軽減されてきました。

電気脱毛器も、従来よりは、毛を抜く時のチクチクとする痛みや、肌への負担が少なくはなってきていますが、どうしても痛みは少しありますし、抜けた後の肌には少しブツブツ感が残ります。肌がデリケートな人だと、赤く腫れたり、痒みが出たりすることもあるようです。

また処理後は、毛穴から細菌が入らないように、清潔な状態にしておくことが大切です。細菌が入ってしまうと、炎症を起こすこともあります。また、埋没毛ができてしまったり、毛穴が開いてしまうような恐れもあります。このように、毛抜きよりもダメージは少なくなっていますが、電気脱毛器でも無理に毛を抜く行為にかわりないので、どうしても肌荒れのトラブルはつきもののようです。

最近では、エステでも使われているフラッシュ脱毛が自宅でもできる家庭用フラッシュ脱毛器も人気で、毛だけに反応して脱毛してくれるので肌への負担は少ないのですが、毛を抜くという行為は昔から行われている方法なので、光を当てたりする脱毛よりも、安心できると思って使っている人もいますが、実は、毛を抜くのは何より痛いですし、あまりオススメできる脱毛法とは言えないようです。

【2017年10月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛