最近では、家庭用の脱毛器も色々なタイプのものが出てきています。エステサロンで行う脱毛と同じくらいの効果が得られるような脱毛器も販売されていますが、失敗談も少なからずあるようです。

家庭用光脱毛器で、ムダ毛の近くにあるホクロやシミにも光が反応して照射してしまい、痛い思いをしたというケースがあるようです。

脱毛器は、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応するものですが、ほかの黒い点が見つかると、そちらにも光を照射してしまうのが欠点です。
ホクロやシミが近くにある場合には、その黒色をテープや白いクリームなどで隠してから照射するようにしましょう。

また、脱毛器自体は安かったため購入したが、カートリッジなど消耗品が高いのが盲点だったという失敗談もあります。

カートリッジは消耗品で、寿命がきたら買い換える必要があります。
つまり、よく検討しないと、本体自体が高い脱毛器よりも、本体が安い脱毛器の方が、結果的にカートリッジ代を含めると高くつくというものがあるということです。
脱毛器を選ぶ際には、カートリッジなど含めたトータルの代金も確認するようにしましょう。

他には、痛みが強くて脱毛をしたくなくなるというケースもあるようです。
最近の脱毛器はレーザーやフラッシュが人気ですが、レーザーはフラッシュに比べると、狭い範囲に長時間強力な光を当てるため、痛みが強いようです。

また、シェーバータイプも、無理やり毛を抜くという方法のため、当然痛みがあり、毛穴も開くというデメリットがあります。しかも、痛いのを我慢して使い続けると、肌にダメージを与えてしまうこともあるようですので、痛みがある場合には、我慢して続けず、すぐに止めるようにしましょう。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛