光脱毛器は、特殊な光をムダ毛に照射し、毛根部分にダメージを与えるという仕組みになっていますが、毛根部分を破壊する程の光ならば、体に悪いのではないか?危険なのではないか?と心配する人も多いことでしょう。
使ってみる前は、誰しも不安になるものです。

しかし、最近の光脱毛器は、有害な光を特殊なフィルターでカットするような工夫がなされていますので、お肌は有害光線が照射されないようになっています。
脱毛に適した波長の光だけが照射され、お肌へのダメージは最小限に抑えられるようになっているので心配は要らないようです。

では、肌に悪い光はどういったものでしょうか?
有害光線には、紫外線や青色光線、近赤外線、X線などがあります。

医療クリニックなどでも、安全な人工光線を照射して脱毛が行われています。
人工光線だからといって、お肌に悪いとは限りません。よほど、紫外線の方がお肌には悪いのです。
光脱毛器で使われる光と、紫外線は種類が違うもので、光脱毛器の光が皮膚がんの原因になるような心配はありません。

また、家庭用の光脱毛器は、安全基準に沿った出力で製造されていますので安心です。それに、フラッシュが、ターゲットとするのは、ムダ毛の毛根のメラニン色素で、皮膚には作用しませんので副作用は心配ないでしょう。ただし、黒いホクロやシミなどがある場合には、光がメラニン色素に作用して火傷する恐れがあるので、テープをはって黒色を隠すなどの工夫は必要です。

【2017年7月版】脱毛サロンの料金比較

全身脱毛 | VIO脱毛 | 顔脱毛 | 脇脱毛 | 足脱毛 | 腕脱毛