家庭用の脱毛器で永久脱毛できるのでしょうか?答えは「いいえ」です。

そもそも、永久脱毛とは、毛根部分が完全に破壊され、一生毛が生えてこなくなることを言います。
医療レーザーや電気脱毛では、毛が発育・成長する仕組みを破壊するため、理論的には永久脱毛できると言えますが、実際には、永久に生えてこないかどうかを実証するにはかなりの年月がかかってしまいます。

極端な話、脱毛して30年後に毛が生えたとしても、厳密に言えば永久脱毛と言うことはできません。
そこで、米国電気脱毛協会では「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい」という定義付けをしています。

しかし、現在では永久減毛という概念が広く支持されています。レーザー脱毛も、永久減毛の概念に基づいて行われており、全ての毛をなくすのが目標ではありません。
つまり、レーザー脱毛でも、産毛を含めて完全に毛をなくすことは実際には難しいのです。電気脱毛では、施術者の技術にもよりますが、完全に無毛に近い状態まですることも可能ではありますが、完全にゼロではありません。

家庭用のレーザーや、フラッシュ脱毛器についても、永久脱毛はできませんが、それに近い効果を得ることは可能です。

大抵のムダ毛は処理できますが、家庭用だと出力に限界もあるため、産毛などの細い毛は処理できません。こういう細い毛は、医療脱毛クリニックなどの専門機関で行ってもらうしかありません。

狭い範囲を永久脱毛したいというのであれば、レーザー脱毛器の方が向いていますし、ムダ毛を全体的に減らしたいというのであれば気軽にできるフラッシュ脱毛器の方が適していると言えるでしょう。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】