はじめに

ムダ毛の自己処理の方法の一つとして、毛を脱色する方法があります。

一昔前は、脱色している人も多かったですが、最近は除毛脱毛する人が多く、脱色する人はあまり見かけなくなりましたが、脱色クリームは、値段も安く、痛みも伴わず、手軽に処理できるというメリットはあります。

脱色クリームをムダ毛に塗って、指定された時間放置すれば、黒く目立つムダ毛が金髪のような色に脱色され、目立たなくなります。ムダ毛脱色クリームは、有効成分が毛に浸透し、黒い色素であるメラニンを分解し、脱色するという仕組みです。

ムダ毛を脱色するメリット

ムダ毛を脱色するメリットは、安価で手軽にムダ毛を目立たなくすることができることですね。

ただし、現在では除毛クリームや抑毛ローションなども充実していますし、なんといっても脱毛サロンの料金が以前に比べて大幅に値下がりしていますので、昔に比べて脱色するメリットはあまり無くなりました。

ムダ毛を脱色するデメリット

脱色クリームは、酸素系のものが主流で、比較的弱い成分でできています。
ただし、薬剤を使っているため、肌に負担がかかってしまいます。肌の弱い人は特に肌荒れなどの原因になってしまいます。ドラッグストアなどで購入する際には、できるだけ刺激が少ない商品を選ぶようにしましょう。

使用前には必ず皮膚テストを行い、異常がないことを確認してから処理するようにしましょう。また、毛はいずれ伸びてきますので、根元だけ黒く不自然な感じにはなってしまい、そうなると再び脱色をする必要がありますので、繰り返し薬剤を使うことで肌荒れが起きやすくもなります。

脱色クリームが向いている部位は、広い範囲で毛が細い、腕や足といった部分です。

狭くて毛が濃いワキなどには向いていませんし、やめた方が良いでしょう。

また、毛が細くて少ない人なら金髪になって目立たなくもなりますが、毛が濃い人は金髪になっても光が当たるとキラキラ反射して変に目立つので向いていないかもしれません。

【2017年10月版】脱毛サロンの格安キャンペーン最新情報まとめ