女性のひげにサロン脱毛は効果が薄い?

女性でも口周りの産毛を自己処理した時に、男性のひげのように青い跡になってしまうくらい産毛が濃い人もいますよね。

カミソリやシェーバーなどで口周りの産毛を自己処理すると皮膚の上だけに生えている毛が処理できますが、顔の皮膚は薄くて毛根の部分が透けて見える状態です。この状態を改善するためには脱毛で毛根から処理してしまうことが望ましいです。

ちなみに脱毛と言えばサロンで行うフラッシュ脱毛や美容外科などで行う医療脱毛がありますが、実はサロンのフラッシュ脱毛ではパワーが弱くて色が薄くて細い産毛には反応しないこともあるのです。

そのため産毛のように色が薄くて細い毛を処理するのであれば医療脱毛の「医療レーザー脱毛」で行うのが望ましいのです。

女性のひげに効果的な脱毛は?

女性のひげを脱毛するのであれば医療レーザー脱毛が効果を期待できます。レーザーをお肌に照射することで毛を作る組織にダメージを与えますが、どのような毛質でも対応できるため、太い毛(剛毛)から細い毛まで、そして色の濃い毛から薄い毛(産毛や白髪)などまで対応できます。

しかし医療レーザー脱毛といっても様々な機械があり、クリニックに導入されている機械によっては効果が出にくいものもあるようです。そんな時におすすめなのが「ダイオードレーザー」で黒いメラニンだけに反応するレーザーを照射することで毛を作る組織にダメージを与えます。

日本人の肌に適したレーザーを使うことで、周囲の皮膚には影響はほとんどなく日焼けをしている肌でも施術可能です。そして産毛を含めどのような毛質でも対応できるのです。

ダイオードレーザーを導入しているクリニック

ダイオードレーザーの代表的な機種は、「ライトシェアデュエット」と「ソプラノ」です。

ライトシェアデュエットやソプラノは以下のクリニックに導入されています。

「ライトシェアデュエット」を導入しているクリニック

「ソプラノ」を導入しているクリニック

もちろんこれらのクリニック以外でも導入されていますので施術を希望する場合には事前に確認が必要です。そしてぜひこれらのクリニックで一度、施術時の痛みなどを体験することをおすすめします。

【2017年7月版】顔の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?