女性は毎日お化粧をするので鏡で顔を確認します。
その際に気になるのが、顔の産毛ですよね。

ぱっと見ると気になりませんが、よく見るとびっしりと産毛が生えているのです。

この産毛は、化粧水の浸透を妨げたり化粧ノリを悪くしたりなど女性にとってはムダ毛になります。
なので、自分で産毛を処理する女性も多いです。

もちろん正しい処理方法で行えば、顔のトーンも明るくなり肌もつるつるになるので処理をすることはいいことだと思います

ですが、女性が次に気になるのが産毛を剃ると毛が濃くなるのではないか?
という問題です。

特に顔に関しては、ずっと見えている場所です。だからこそ、産毛を剃ったことによって顔の毛が濃くなることは女性にとっては困ることですよね。

実際はどうなのでしょうか?

実際は、産毛を剃ったからといって毛が濃くなるということはありません。
毛が濃くなったように見えるだけであって、実際は濃くなっていないのです。

なぜ毛が濃くなったように見えるかというと、通常毛先は先に向かって細くなっており、毛先は丸まっています。

ですが、その毛を剃ることによって途中で切断されることになります。切断された毛の断面は、楕円形の広い面積を持ってしまうのです。

そのため、少し伸びてくると毛が太く濃くなったように見えてしまうのです。

思春期ごろから剃り始めた場合には、ちょうど思春期には毛が成長する時期でもあるのでそれで濃くなってきたと勘違いするだけであって実際は濃くなっていないのです。

それでも、濃いと思う場合は遺伝ということも考えられます。

ただし、毛深い=遺伝というのは医学的に完全に証明されているものではないので、ひとつの場合として考えてみてください。

毛深いとしても、それは脱毛などで解消できる問題でもあるので毛深いことをあまり悩む必要はありません。

顔の産毛に関しては、自分で処理をする場合が多いですが先述した通り、自分で剃ると断面が楕円形になってしまうので濃く見えてしまいます。

カミソリやシェーバーで剃る場合には、これをずっと繰り返していかなければいけません。つまり、毛が濃くなっている感覚はずっと感じ続けなければいけません。

なので、一番は脱毛サロンで脱毛処理をしてもらうことです。しっかり続ければ毛も薄くなってきますし、自分で処理するわずらわしさもありません。

費用と時間に余裕がある場合や本当に顔の産毛の濃さに悩んでいるのであれば脱毛サロンでしっかりと処理してもらいましょうね。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?