最近、顔の毛に悩む女性が増えてきています。

産毛だけではなく、ひげが生えてきてしまう「ヒゲジョ」という女性が増えてきているので、実は髭に悩む女性が多いのです。

そういった髭を女性が処理する場合は、出来るだけもう生えてこないようにしたいですし、目立たないようにしたいですよね。

顔の毛を処理するには、抜く方法と剃る方法がありますがどちらが肌にはいいのでしょうか?

まず抜く方法について考えてみましょう。
毛抜きのメリットとしては、根元から抜くことができるので確実に効果が長続きします。

ただし、産毛を処理するのは難しいので太い毛限定の処理方法にはなってきます。

また、抜く方法で処理する場合気を付けなければいけないところがあります。
それは、埋没毛や色素沈着が起きてしまうかもしれないということです。

抜くと、毛穴の中や入口が傷ついて雑菌が入って炎症が起こります。それが原因によって、色素沈着が起きてしまうのです。

通常は上から表皮と真皮に分かれており、本来メラニン色素は表皮にあるので、表皮が生まれ変わると消えるものなのです。

ですが、先述した通り毛穴に炎症が起きて表皮と真皮の間の境が壊れると、メラニン色素が真皮に落ち込んでしまうのです。
真皮に落ち込んでしまうと、生まれ変わらないので、黒ずみやシミが定着してしまうことになるのです。

埋没毛が出来てしまう原因は、毛を抜いて処理している際に途中で切れてしまうことです。
途中で切れた毛が表面に出てくるより前に、毛穴に角質が多いかぶさってしまい毛が出口をさえぎられることによって起きてしまうのです。

こうしたことが起きないようにするためには、毛を根元からしっかりと抜くということが重要です。
入浴後毛穴が開いた状態で、毛の流れに沿って抜くと毛根から抜けやすくなるのでおすすめです。

一方で、剃る方法はどうでしょうか?

メリットとしては、簡単かつ時間も手間もかかりません。
抜く方法では難しい産毛もしっかりと処理することができます。

また、剃ることによって顔の表面の無駄な角質を一緒にそぎ落としてくれるので、肌がワントーン明るくなるのです。

デメリットとしては、抜く方法よりも処理する回数は多いです。というのも、根元から処理するのではなく表面だけの毛を処理することになるので、すぐに生えてきてしまうのです。

また、剃った断面がきれいな断面なので次に伸びてくる毛が濃くなったようにみえることもあります。

そして、正しい方法でやらなければかなり肌の負担になってしまうということです。先述した通り、無駄な角質をそぎ落としてくれますがやりすぎると無駄ではないところまで傷つ漬けてしまいます。

一見傷も何もできていませんが、実際は肌へダメージを与えていることになるのです。

そのため、肌が荒れてしまうという肌トラブルにつながる原因にもなりかねません。
そうならないためには、剃る前後に必ず保湿を行うということと必ず清潔なカミソリやシェーバーを使用することが重要です。

産毛を処理したいのか、ピンポイントでひげを処理したいのかによっても顔の毛の処理方法を変えてみるというのもひとつですね。

ですが、どういった方法に関わらず正しい処理の仕方を知らなければ肌へ負担をかけてしまうことになってしまうので、正しい知識を持って行いましょう。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?