他のパーツの脱毛と違い、顔脱毛では「化粧をして行ってもいいの?」「帰りは化粧してもいいの?」と言う悩みが出てきます。仕事帰りに脱毛に行きたい人や、脱毛の後に予定を入れたい人、手間暇のかかる整形級アイメイクを譲れない人にとっては大きな問題ですよね。

脱毛に行くとき・帰るときのメイクについて、詳しくまとめましたので参考にしてください。日焼け止めについての注意点もご紹介しますので、「私はお化粧しないから関係ないわ」と思った人も必見です。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

メイクや日焼け止めを塗って行ってもいい?

メイク

顔脱毛の際は施術前にメイクを落とすので、普段通りお化粧して行ってもOKです。ただ手間や時間を省けるのと、肌に負担をかけない意味でなるべくノーメイクか、薄化粧にとどめるのがおすすめです。自宅から直接脱毛に行く場合などは、サングラスや帽子、マスクを上手に活用するとラクチン&便利です。

メイク落としはサロン・クリニックによって、自分で行うところとスタッフが行ってくれるところがあります。クレンジング剤は大抵のサロン・クリニックで用意してありますが、使い慣れたものを持参することもできます。ただし用意されているクレンジング剤がクレンジングシートのみのことがあり、備え付けのものだけだと濃いメイクは落とせない場合があり、注意が必要です。

アイメイクは、目の周辺を脱毛しない場合は落とさなくてもよいサロン・クリニックもあります。手間のかかるアイメイクをする人など、気になる場合は事前に確認しましょう。ディオーネ、脱毛ラボは目の周りを脱毛しない場合はアイメイクをしたままでもOKです。

日焼け止め

日焼け止めのみでメイクをしていない場合は、他の人からは塗っていることがわかりません。日焼け止めを塗っていて、落とす必要があることをスタッフに伝えましょう。

なお、毛穴に入り込んで落としにくい日焼け止めは避けます。毛穴に日焼け止めが残ったままだと、施術の際に照射の効果が出にくくなる可能性があります。時間と費用をロスしてはもったいないですから、脱毛を受けに行くときに塗る日焼け止めは、簡単に落とせるライトなものを選びましょう。

リキッドタイプやジェルタイプならOKでクリームタイプはダメ、と言う人もいますが、最近の日焼け止めは形状が同じでも、商品によって落ちにくさがまちまちです。実際に自分で使って試しておくのがベストですが、目安としてはスポーツ用などSPF値の高いもの=長時間効果が持続するものは落ちにくく、普段使い用のSPF値が低いものは落としやすい傾向にあります。

【2017年7月版】顔の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

施術後はメイクして帰れる?

サロン・クリニックが自宅から遠い場合や、施術後に友達に会うなど予定を入れたいときに気になるのが、脱毛した後すぐにメイクしてもいいか?と言うことです。これについては基本的には、充分に保湿した上で薄めのメイクなら問題ありません

ただし普段よりも肌が弱っている状態なので、クレンジングの際に負担がかかるような濃いベースメイクは避けます。また敏感肌の人は、脱毛後に赤みやほてりが出る場合があります。それらは時間とともに解消しますが肌が極端に弱っている状態なので、このようなときはメイクは避けます。スッピンが気になるようならサングラスやマスクを活用しましょう。

脱毛後の肌に異常が見られなければ、帰りに薄いメイクをしてもかまいませんが、可能であれば施術当日はノーメイクが肌にとっては理想です。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

顔脱毛のメリット

肌がキレイに見える

産毛の多い肌では、産毛の影で肌が暗く見えてしまいます。また産毛の色が黒くハッキリしている人の場合、産毛の色も肌色の見え方に影響します。顔脱毛をすることで肌色を暗く見せている要素がなくなり、肌が明るく白く見えます。表情も明るく輝いて見え、魅力的になります。手触りも滑らかになります。

スキンケアの効果がアップする

美容成分を弾いてしまう毛がなくなるので、スキンケアの効果もアップします。特に化粧水などが上滑りして肌に吸収しないと感じる人は、脱毛前との違いを実感するでしょう。

化粧ノリがよくなる

顔脱毛のもう一つの大きなメリットは、化粧ノリがよくなることです。下地やファンデーションが肌に密着するのを妨げる産毛がなくなることで、メイクが薄くキレイに伸びるようになり、ヨレやムラも起こりにくくなります。チークなども、産毛が多い状態に比べキレイに発色するようになります。

毛穴が引き締まる

顔脱毛で毛穴が引き締まることも、化粧ノリに影響します。産毛がある状態では毛の太さの分、毛穴が開いてしまいますが、産毛がなくなると毛穴も閉じます。毛穴にファンデーションなどが落ち込んでムラになることがなくなるので、ベースメイクがキレイに仕上がるようになります。

まとめ

いかがでしたか?「脱毛に行くときのメイクや日焼け止めは落としやすさを考えて」「帰りのメイクは肌に負担をかけないように」、が基本です。濃いメイクに慣れている人には抵抗があるかもしれませんが、この機会に薄化粧バージョンのメイク方法も研究してみるのはいかがでしょうか?顔脱毛でお肌の見え方もキレイになるので、意外に薄化粧のほうが似合うかもしれませんよ。極端に肌が弱い人は、脱毛後の肌が落ち着くまでメイクは我慢してくださいね。

【2017年7月版】顔の医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?