脱毛クリームと言えば、脱毛のために塗るものです。

脇や足、腕などムダ毛が気になる部分に塗りますよね?
最近では、脇・足・腕以外にも、女性はある部分の毛が気になる人が増えてきています。

それが「顔」です。
もちろん、他の部分と比べたら毛も薄いですし、すごく太い毛が生えていることも少ないです。

しかし、顔の産毛が気になったり、最近ではひげを気にする女性も増えてきています。

ストレスなどが原因で産毛が濃くなってしまい、男性のひげのようになってしまうのです。
かみそりやシェーバーで処理すると、余計濃くなる心配があるので、そういった女性は処理のために脱毛クリームや脱毛ワックスを顔に塗るということも増えています。

しかし、脱毛クリームやワックスを顔に塗っては絶対いけません。

脱毛クリームや脱毛ワックスは、毛の根元のタンパク質を分解することでムダ毛を除毛する仕組みです。
タンパク質を分解する力は非常に強く、つまり脱毛力がかなり強いものなのです。

足や腕などならまだしも、皮膚も薄くデリケートな顔の皮膚に使用すればかなりのダメージになってしまいます。
お肌が本来もつハリやキメなども分解して壊してしまう可能性も十分にあります。

もし、肌にニキビなどが元からあった場合には、そこがさらに炎症を起こして肌に大変な負担をかけてしまいます。

また、実際に脱毛クリームを顔に塗ったという人で、塗った部分が赤く腫れあがり1週間近く腫れが引かなかったという例もあるぐらいなのです。

せっかく肌をきれいに見せるために行う脱毛なのに肌を悪化させてしまっては意味がありませんよね?
なので、脱毛クリームや脱毛ワックスを顔脱毛に使用することはやめましょう。

どうしても、カミソリやシェーバーで処理したくない!という場合には、一番おすすめは脱毛サロンで処理してもらうことです。

費用と時間はもちろんかかってしまいますが、その分必ずきれいに処理してくれますし、肌を整えるようなケアもしてもらえます。
費用や時間分の効果は必ず得られるのが脱毛サロンでの施術です。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

また、費用はそんなにかけられない。という人には、脱毛ではありませんが抑毛ローションを使用するのもおすすめです。

イソフラボンなどが含まれているローションを1日2回ほど顔に塗ることで、イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをするので、濃くなった毛を薄くする効果があります。
毛が薄くさえなれば、シェーバーなどで処理しても濃くなることはほとんどないです。

また、ローションで抑毛するということで肌への負担はほとんどゼロ。むしろ美容成分が入っていることが多いので、肌へプラスの効果を得られます。

時間は多少かかってしまいますが、こういった方法をとれば肌にも優しく処理することができます。

顔は、身体の中でも特にデリケートな部分で見えてしまう部分だからこそ、肌に負担をかけないようにすることが重要です。