最近は、女性にもひげが生えてくることがあります。

そんな女性は「ヒゲジョ」なんて呼ばれていますが、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れたことが原因でひげが生えてくるようになってきます。

ホルモンバランスを改善したり、脱毛したりすることによってひげを改善していくことはもちろんできます。

しかし、女性が抱えるひげ問題はまだあるのです。
それが女性の青髭です。

男性ではよくなっている人がいますが、実は女性でも青髭に悩まされている人は多いのです。

女性が青髭になってしまう原因とは何でしょうか?

それは、肌の白さがあります。
肌が白いことによって、表面に出ていない毛が肌が白いことで見えてしまうのです。
それが肌の白さと重なって、青っぽく見えるのが青髭の原因です。

黒人と白人が同じ毛深さだとしても、白人の方が毛深く見えてしまうというのも同じことですね。
表面をいくらきれいに処理していたとしても、毛穴の奥に毛がある限り青髭の解消はなかなか難しいです。

そんな青髭の対策はあるのでしょうか?

それは女性だからこそできる「メイク」で隠すという方法です。

普段使用している、コンシーラーとファンデーションを使うことによってきれいに青髭を隠すことができます。

青髭を隠すための、コンシーラーとファンデーションの選び方にもポイントがあります。

まずはファンデーションは黄色系を選ぶようにしましょう。
黄色系が青色を消してくれるのです。

ファンデーションは毛穴や凹凸カバー機能が高いものを選ぶことによって、より青髭が目立たないようになってきます。

メイクする時には、髭が気になる部分に叩きこむように塗っていきましょう。毛穴をカバーするようなイメージです。

その上に、ファンデーションに近い色のコンシーラーを叩き込むことによってさらに目立たないようにすることができます。

ただ、肌の色によっては黄色系のファンデーションを選びにくい人もいるかもしれません。

その場合は、化粧下地に黄色系のものを使用してください。
それを青髭部分に塗り込むことによって、目立たなくなりますよ。

このように毎日のメイクで青髭を目立たなくさせることができますが、プラスアルファで日々のケアを行うことによって、ひげを薄くするようにしてきましょう。

肌のケアをする際に、化粧水・美容液などを使用すると思いますが、プエラリアやイソフラボンが入っているものを選ぶようにしましょう。

というのも、プエラリアやイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれます。
なのでそういった成分が含まれているものを、毎日塗ることによって少しずつですがひげを薄くしてくれる効果があるのです。

青髭もきれいに隠せるし、薄くすることもできます。
ぜひ青髭に悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

【2017年7月版】顔脱毛の料金比較!一番安いサロンは?