デリケートゾーンのムダ毛について悩みながらも「恥ずかしいから」「時間がないから」などといった理由でどうしても脱毛できない人もいます。このような人には自宅でセルフ脱毛をする方法がいくつかあります。

セルフ脱毛は人に見られることもなく、いつでも気軽にできるのがメリットです。しかし方法を間違えればすぐに肌トラブルにも直結するため、慎重に行わなければなりません。

ここではデリケートゾーンのムダ毛処理におすすめのセルフ脱毛の方法をご紹介します。

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

デリケートゾーンの脱毛を自分で行う方法

①ブラジリアンワックス

デリケートゾーン専用のワックスです。付属のヘラで塗って専用のシートを貼りつけ、毛が生えている向きに逆らってシートをはがすとムダ毛が一気に抜ける仕組みです。

ツルツルにしたい人にはおすすめの方法で短い時間で広範囲を処理できます。Iラインの粘膜部分にも使えること、また古い角質も一緒にとれるので美肌効果も期待できるのがメリットで、エステサロンでも使っている所があります。

②家庭用脱毛器

家庭用脱毛器には光脱毛タイプやレーザー脱毛タイプ、そしてシェーバータイプなどがあります。本体の高いものでは10万円近くするものもありますが、一台購入して使い続けていけば半永久的にムダ毛処理の心配から解放されます。忙しくて脱毛サロンに通えない人に特に人気があります。

③シェーバー

デリケートゾーンのムダ毛処理専用のシェーバーも販売されています。カミソリを使うよりはお肌への刺激が少ないです。最初にハサミをつかって毛を梳いてから気になる場所を処理してもよいでしょう。脱毛サロンなどで脱毛する前の自己処理でもシェーバーを使うことが推奨されています。

行うなら慎重に行うべき、セルフ脱毛の方法

①毛抜き

他にもいくつかあるムダ毛の自己処理の方法と比べれば、毛抜きは正しく処理ができれば毛根から綺麗に抜くことができます。

一方でデリケートゾーンのムダ毛は太い毛が多いので、どうしても力を入れて抜いてしまい、毛穴を傷つけて出血してしまったり、内出血を起こすと消えない「色素沈着」を起こしてしまう可能性もあります。

また皮膚の中の毛が途中で切れてしまうと、次に生えてくる毛が皮膚の中で丸まってしまう「埋没毛」や、清潔ではない毛抜きを使ったことで雑菌が毛穴の中に入ってしまい、膿をもってしまう「毛のう炎」を起こしてしまう可能性もあります。

そもそも毛1本1本を抜いていては時間がかかります。利用する場合は毎回毛抜きを消毒してムダ毛の根元を持って抜くこと、そしてお肌も毎回消毒することをおすすめします。

②カミソリ

カミソリを使ったセルフ脱毛は多くの人に最も人気のある方法です。しかしデリケートゾーンは他の部位と比べるとメラニン色素が多い部位で、何度もカミソリでお肌をこすってしまうと肌が傷ついたり、色素沈着を起こす可能性があります。

そして清潔ではないカミソリを使うって皮膚を傷つけた時に雑菌が入ってしまい「毛のう炎」を起こす可能性もあるのです。

利用する場合はできるだけ清潔なもの、そして刃の滑りをよくさせるためのアイテムは石鹸ではなく専用のムースやジェルを使いましょう。

自己処理か脱毛のどちらがおすすめ?

デリケートゾーンのムダ毛は上で説明したセルフ脱毛の他に、脱毛サロンや病院で脱毛する方法もあります。両方のメリットとデメリットを見ていきましょう。

セルフ脱毛のメリットとデメリット

メリット

  • 恥ずかしい場所でもいつでも簡単にできる
  • カミソリや毛抜きは100均でも購入でき、脱毛するよりも費用がかからない

デメリット

  • 少し方法を間違えると肌トラブルに直結し、一生消えない跡や傷になってしまうこともある
  • 根気よく続けていかないとムダ毛がなくならない

脱毛サロンのメリットとデメリット

メリット

  • 綺麗に処理してもらうことができる。ムダ毛を毛根からなくすことができるので、毛穴が引き締まってお肌が一段と明るく見える
  • 病院の医療脱毛なら「永久脱毛」の効果が期待できるため、半永久的にムダ毛をなくすことができる(ただし一生生えてこないとは言い切れません)

デメリット

  • 自己処理よりはお金がかかってしまうこともある(Vラインだけなら1000円以下の費用で満足できるまで処理してくれる脱毛サロンもある)
  • 病院の医療脱毛はデリケートゾーンはかなりの痛みを伴う。(我慢できない場合は有料で麻酔をしてもらえる)肌が弱すぎる場合には施術ができない可能性もある
  • 決められた間隔でしっかりと通わないと十分な効果が期待できない

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

まとめ

最初に説明したようにどうしても脱毛サロンや病院へ通えない事情のある人もいるはずで、このような人は今後もセルフ脱毛を慎重に続けていかなければなりません。

一方で脱毛することに恥ずかしさはあるかもしれませんが、施術は「寝ているだけ」で肌トラブルの心配もほとんどなく、綺麗に処理してもらえます。恥ずかしさも回数を重ねるうちに慣れてくるはずです。

もし時間や費用の面で余裕があれば「脱毛」することを検討してもよいでしょう。

【2017年7月版】VIO医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?