はじめに

デリケートゾーンは、人にも言いにくい箇所で、トラブルがあっても中々医療機関の受診に繋がらない事も多々あります。
このデリケートゾーンですが、かゆみにも色々原因があり、対策方法も個々異なります。

デリケートゾーンのかゆみの種類と対処方法

下着などによる被れ

ガードルなどを着用すると汗が溜まりやすくなり、蒸れやすくなります。
また、ショーツも通気性のあるものでないと、被れやすくなりますし、蒸れやすくもなります。

対処方法としては、通気性の良い綿のショーツを使用したり、締め付ける下着は避ける事です。

温かくすると痒みが増す場合

コタツやお布団、入浴時に痒くなる場合です。

この場合は、ホルモンの関係上起きる事が多く、更年期障害の場合が多い為、婦人科などに相談する必要があります。

ポロポロとカッテールチーズのようなものが一緒にでる場合

膣カンジダの症状である、ポロポロとカッテールチーズのようなものが、一緒に出る場合は、薬を投与する必要があります。

婦人科などに相談するのが一番ですが、数年前から第1類医薬品に指定され、薬剤師在中の薬店でも膣カンジダの薬を購入可能な為、多忙で医療機関にかかれない場合は、薬店で薬剤師に相談の上、購入する事をオススメします。

外陰が腫れていて、会陰から肛門が痒い場合

外陰性感染症という病気の可能性があり、ブドウ球菌などの菌に侵されており、こちらの場合は、泌尿器科や婦人科に受診する事をオススメします。

対策としては、綺麗に保つ必要があります。

イボイボ状のデキモノがある場合

尖圭コンジローマになっており、こちらも泌尿器科や婦人科に受診する必要があります。
性感染症で、こちらは清潔に保つでけでなく、性交の際にコンドームを使用し予防する必要があります。

まとめ

デリケートゾーンのトラブル解消に共通する事は、まず陰部を綺麗に保つ事です。

しかし、あまり洗いすぎると、良い菌も洗い流してしまう為に、排泄時のシャワートイレの使用や、入浴時にデリケートゾーンの洗浄液の使用にとどめといた方が良いと思います。

また、女性の場合は閉経まで、生理があり、ナプキンを使用しなければなりません。

近年では、布ナプキンも販売されていますから、紙でトラブルを起こしやすい方は布ナプキンの使用をオススメします。

また、最近では陰毛を手入れする方も増えており、毛じらみの症状がある方は、デリケートゾーンの手入れだけでなく、陰毛の手入れも一緒になさる事をオススメします。

【2017年7月版】VIO医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?