私のアンダーヘア・・・濃すぎ?

ムダ毛に関して、女性は色々悩みを持っている人が多いです。

特に、デリケートゾーンに関しては悩みを持っていてもなかなか人には相談できないのです。

アンダーヘアに関して多い悩みが、自分のアンダーヘアの範囲が広すぎなのではないか?というものです。

他人と比べるわけにもいきませんし、かといってなかなかこういったことは雑誌などに書いてもいないので探り探りですよね。

アンダーヘアに関しては、範囲が広いからといって毛深いというわけではありません。
毛深くなくたっておしりの方まで毛が生えている人も多くいます。

なので範囲に関してはそんなに悩まず、どこまで処理するのかというところが大切ですよね。

今では、脱毛サロンでもVIOラインと呼ばれるアンダーヘア専用のコースがあるぐらいかなり注目されているのです。

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

もちろん、脱毛サロンで処理してもらえば間違いない範囲までを処理してもらえますが、今回はどこで処理するというよりどこまで処理するかというところを紹介します。

理想のアンダーヘアの形は?

理想のアンダーヘアは、ビキニラインは剃ってIラインを残す。そして、ただ残すだけではなく、薄くする。というものです。

女性がアンダーヘアを気にするときは、男性対策または水着、そして温泉に行くなどの時です。
となった場合、アンダーヘアの見た目はとても重要ですよね。

水着や温泉に行く場合には、同性を想定しています。もちろん、下着から毛がはみ出ないぐらいにすることが範囲としてはポイントです。

また、男性対策の場合には男性に触られるので質感も大切だからこそ、ただ剃るだけではなく薄くするというところもポイントです。

アンダーヘアを自己処理する方法

ビキニラインに関しては、剃って処理をします。
ビキニラインは、シェービング剤とカミソリを用意します。

やはり、ただ剃るだけでは肌への負担が大きくなってしまいますので、肌への負担を減らすためにシェービング剤を使用するということがポイントです。

おすすめは、お風呂上りに清潔でかつ肌が潤っている状態です。

毛の流れに沿って、カミソリで剃っていきます。この際に、毛の流れとは逆に剃ると毛穴にも負担がかかるので、必ず毛の流れに沿って処理しましょう。

剃るラインは、下着から毛がはみ出ないラインを目標に剃っていきます。
剃りすぎると不自然になってしまいますので、気を付けてください。

Iラインに関しては、カミソリは必要ありません。
ですが、長さを揃えるためにハサミを用意しましょう。ハサミで長さを揃えることによって、見た目もきれいになります。

2センチぐらい残した状態がきれいに見えますよ。

濃さに関しては、抑毛剤を使用すると段々と薄くなって毛も柔らかくなるので、毛の濃さが気になっている人は使用してみるのもおすすめします。

Vラインのかたい毛を柔らかくする方法