女性がムダ毛の自己処理で使う最も人気の高いアイテムは「カミソリ」で、アンダーヘアをはじめとして全身のムダ毛を処理している人は多いはずです。しかしアンダーヘアのムダ毛を自己処理する方法は他にもいくつかあり、いずれの方法にもメリットとデメリットがあります。

更に「頻繁に自己処理するのは面倒だなと感じている人」や「繰り返し自己処理をして肌トラブルに悩まされている人」は脱毛をしてしまった方がこれらの悩みから解放されるかもしれません。

ここではアンダーヘアを薄くする方法についてご紹介します。「今後も自己処理を続ける」か「脱毛するか」を判断する材料にしてみてはいかがでしょうか。

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

アンダーヘアが濃いとどんなリスクがあるの?

アンダーヘア、特にVラインのムダ毛が綺麗に処理されていないと下着や水着からはみ出して見えてしまい、見栄えがよくありません。指摘はされないまでも、パートナーをどきっとさせてしまった経験もあるのでは?

また汗や尿などでこれらの部位は常に湿っている状態で、更に女性は生理の経血が加わると、アンダーヘアの雑菌が繁殖して「かゆみ」や「ニオイ」の原因となるのかもしれないのです。またムダ毛が邪魔をして経血が「横漏れ」をしてしまうこともあるかもしれません。

海外ではデリケートゾーンのムダ毛をツルツルに処理してしまうのが当たり前になっている所が多いのですが、日本ではまだ一般的ではありません。実際に男性も「女性のアンダーヘアは濃い、薄いよりも“綺麗に処理がされているか”が重要」と考えている人が多いです。

アンダーヘアを薄くする方法は?

上記のようなリスクからデリケートゾーンのムダ毛を自己処理している人は多いはずです。自宅なら恥ずかしい格好をしても人に見られることはありません。人気のカミソリやシェーバーを使った方法と、下記のような方法があります。

ハサミで梳(す)く

一番簡単にアンダーヘアをソフトに処理できる方法ですが、実際に薄くすることは難しいです。また毛先を斜めに切ってしまうと下着の繊維の隙間からはみ出してしまうこともあります。アンダーヘア処理用のハサミも販売されています。

ヒートカッター

アンダーへアを処理する専用のアイテムで熱でジリジリとムダ毛を焼き切っていきます。薄くするというよりは短くする感じです。

抑毛ローション、ブラジリアンワックス、脱毛クリーム

いずれもVIOのような太くて濃い毛の部分を薄くするためには根気よく使っていかなければなりません。実際に使った人からは「アンダーヘアのような剛毛には効果がなかった」という意見もあります。

自己処理で薄くできないなら脱毛がおすすめ

結局、上で説明した方法ではアンダーヘアを薄くするのは難しいことがわかります。そんな時には一度「脱毛」することを検討してもいいかもしれません。「脱毛サロン」か「病院」のどちらで脱毛をするにしても、アンダーヘアのムダ毛は他の部位よりも剛毛な人が多いので、施術回数が必要になります。

脱毛サロン

3回目~ やっとムダ毛が薄くなってきたかなと実感する
6回目~10回目 薄くしたいだけならこの回数で十分な人も
12回目~ ツルツルになるまでムダ毛がなくなる

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?

病院(医療脱毛クリニック)

3~4回目 薄くしたいだけなら十分
5回目 ほんの少しだけムダ毛が残る程度
6回目~ ツルツルになるまでムダ毛がなくなる

【2017年7月版】VIO医療脱毛の料金比較!一番安いクリニックは?

アンダーヘアの脱毛、よくある質問

アンダーヘアの脱毛を検討している人からよく寄せられる質問をご紹介します。

恥ずかしいのですが。

確かに最初は誰でもそう思うものです。まずはスタッフは何人もの人を処理しているので何とも思っていません。ほとんどの所で施術は専用のガウンに着替え、紙製の下着を身に着けます。施術の際には下着を脱ぐことになりますが、光やレーザーによるダメージから目を守るためにゴーグルやタオルなどで目隠しをするので視線が気になることもありません。

脱毛すること、彼氏や旦那に言うべき?

できれば彼氏や旦那さんにVIOの脱毛を黙っておきたいのが本音だと思いますが、こればかりは少し難しいです。アンダーヘアのムダ毛を薄くしたい場合、最初の数回は全剃りをする場合が多いのが理由です。もしもの時にバレてしまうと恥ずかしいので、脱毛するメリットと合わせて事前に言っておいた方がよいかもしれません。

痛みはどれくらいあるの?

実際デリケートゾーンは他の部位と比べてもムダ毛が濃いため痛みを伴いやすいです。心配な人はできるだけ痛みを感じにくい脱毛方法を行っている所を選んだり、病院なら麻酔をしてもらえます。誰でも回数を重ねれば痛みを感じなくなる(慣れてくる)はずです。それでも痛い場合にはパワーを弱くしてくれるので恥ずかしがらずに申告しましょう。

まとめ

アンダーヘアには雑菌やウィルスが直接デリケートゾーンに付着して病気を発症するのを予防する役割もあり、ツルツルにする必要はありません。

「自己処理では綺麗に処理するのは難しいな」と感じている人は、以前より一般的になっている脱毛の方がトラブルの心配もほとんどなく綺麗に薄くしてもらうことができます。

気になる人はまず、カウンセリングを受けて心配事を相談してみてはいかがでしょうか?

【2017年7月版】VIO脱毛の料金比較!一番安いサロンは?