今回は、白髪脱毛のメカニズムや注意点など、白髪を脱毛する前に把握しておきたいポイントや白髪脱毛におすすめの脱毛方法についても紹介します。

脱毛サロンやクリニックで白髪は脱毛できる?

脱毛方法は、大きく分けると、脱毛サロンやクリニックで主に行われている光脱毛と医療レーザー脱毛、そして従来から行われてきたニードル脱毛の3つの方法がありますが、これらの方法で白髪脱毛は可能なのでしょうか?

まずはそれぞれの脱毛方法のメカニズムを理解した上で、白髪脱毛が可能であるかどうかを検証してみましょう。

医療レーザー脱毛・光脱毛

医療レーザー脱毛や光脱毛のメカニズムは同じで、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応するレーザーや光照射を当てることで、毛根やその周辺組織にダメージを与え脱毛をする方法です。

光を照射する際、黒い色ほど熱が吸収されやすく、逆に白い色は吸収しにくい傾向があります。このため、黒い毛に熱エネルギーが集中して、その熱を利用して毛を処理するのが、医療レーザー脱毛や光脱毛のメカニズムです。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)

ニードル脱毛とは、針脱毛とも呼ばれていますが、今では美容電気脱毛とういう名前が一般的です。脱毛方法は、毛穴1本1本に細い針を刺し、微弱な電気を流すことで毛根ごと完全にムダ毛を処理する方法です。

結局、白髪でも対応できる脱毛できる方法は?

上記に説明した通り、医療レーザー脱毛や光脱毛は、黒い色に反応して光エネルギーを集中させ毛を処理する方法なので、色の白い白髪には反応できず、処理することはできません

一方、美容電気脱毛の場合、レーザー脱毛や光脱毛のように肌や毛の色に関係なく脱毛できる方法なので、白髪でも対応できます

また、美容電気脱毛は、3つの方法の中でも一番脱毛効果が高く、1度処理すると同じ毛穴からは2度と毛が生えてくることはない最も確実な永久脱毛です。

但し、美容電気脱毛は、他の方法に比べ施術時に最も強い痛みを伴う上、1本1本毛丁寧に処理していくため手間や時間がかかり、コストも1番高くなってしまうなど、デメリットも多いので、そういった点も考慮して脱毛するべきか検討してみてください。

美容電気脱毛はTBCで施術を受けることができます。

TBC

TBCの詳細

白髪も脱毛できる医療レーザー脱毛機器とは?

ニードル脱毛よりも価格が安く痛みもほぼない上、白髪や産毛、金髪にも対応できる脱毛方法が、最新の医療レーザー脱毛機器ソプラノを使用した方法です。以下に「ソプラノ」の特徴・メカニズムについて紹介します。

ソプラノの仕組み

ソプラノは、弱いレーザーを連続的に照射するSHR方式という脱毛方法でレーザーの熱で毛包ごと破壊して毛の再成長を防ぐ方法です。従来の医療レーザー脱毛や光脱毛とは違い、メラニン色素に働きかけるメカニズムではないので、白髪をはじめ、産毛や軟毛、金髪にも脱毛効果を期待できる方法です。また、通常医療レーザー脱毛や光脱毛では施術を受けられない日焼けや色黒の肌の人でも脱毛可能です。

施術の間隔や痛みは?

医療レーザー脱毛や光脱毛の場合、毛周期(2~3か月)に1度のペースで脱毛を行いますが、ソプラノの場合、毛周期に関係なく照射できるので、効率的に脱毛を完了させることができます。

また、ソプラノは、1回の照射面積が広く高性能の冷却装置もついているので、痛みが拡散され、肌が熱く感じる程度の感覚でほぼ痛みのない施術が可能です。

ソプラノはレヴィーガクリニックで導入されています。

レヴィーガクリニック

レヴィーガクリニックの詳細

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記の通り、白髪脱毛に対応できる方法として最も効果の高い方法といえば美容電気脱毛ですが、最大のネックは、強い痛みを伴うこと。しかし、最近では以前に比べ大分痛みが抑えられるよう技術が進化してきていますし、医療機関であれば麻酔も使用できるので、その点はさほど心配しなくても大丈夫でしょう。

ただ、ほぼ痛みがない施術を希望する人や効率よくスピーディに脱毛を終わらせたいという人にはソプラノが最適です。

ソプラノの場合、安全性が高く永久減毛レベルの高い脱毛効果が期待できますし、価格も美容電気脱毛よりは安く抑えられます。

残念ながら、最新機種であるソプラノを取り扱っているクリニック自体少ないのが現状なので、ソプラノでの白髪脱毛を希望する人は、クリニック選びの際に必ずその点を確認してみてください。

【2017年7月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】