レーザー脱毛を検討している人にとって、「ほとんど痛くない」と評判のメディオスターは一番興味のある機種ではないでしょうか。今回はメディオスターについて詳しく知りたい人のために「メディオスターの脱毛の仕組み」「他機種との違い」「実際の痛みの感じ」についてわかりやすくご紹介します。

「向いている毛質と肌質」「メディオスターで脱毛できない条件」もご紹介するので、自分に合いそうか確認してみてくださいね。

【2017年7月版】医療脱毛クリニックの格安キャンペーン最新情報まとめ

メディオスターの特徴と、他の医療レーザー脱毛器より優れている点

脱毛の仕組みが違う

ダイオードレーザーの最新機種ですが、他のダイオードレーザー機種と脱毛の仕組みが違います。タイオードレーザー他機種を含むレーザー脱毛器は毛根を破壊しますが、メディオスターは最先端理論に基づき発毛因子細胞(バルジ)を破壊します。バルジとは、将来毛として成長する細胞です。

レーザー脱毛には硬毛化のリスクがありますが、他の脱毛器と仕組みが違うメディオスターは硬毛化が起こりにくい機種です。他の脱毛器で硬毛化した毛も、色素の濃いハッキリした毛の脱毛に適したメディオスターは効果が出やすいです。

痛みが少なく肌にやさしい

毛乳頭を破壊する方法は高熱を一気に伝えないと破壊できませんが、まだ毛になっていない細胞を狙う方法は蓄熱式と呼ばれる熱の伝え方で破壊できます。メディオスターはバルジに対してダイオードレーザーを細かく照射し、部位に蓄熱する事でバルジを破壊します。

熱の伝わり方が違うので痛みが非常に少なく、火傷のリスクも少ないのが特徴です。肌にもやさしい機種です。施術後の赤みが出にくく、毛嚢炎のリスクも少ないので、他のレーザー脱毛器よりも脱毛後のケアが簡単です。

メディオスターの脱毛効果は?

どんな毛質や肌質に向いている?

肌への負担が非常に少ないので、色黒肌やアトピー肌など、全肌質を脱毛できます。ただし、白髪など色素が薄い毛は効果が出ないので脱毛できません。

脱毛は一般的に色素の濃い肌や乾燥した肌、敏感な肌には施術できないため、サロンやクリニックで脱毛を希望すると、肌の状態を理由に断られてしまう人も多くいます。メディオスターは肌質を問わないので、他のサロンやクリニックで脱毛を断られた人も脱毛できる可能性が高いです。

特に脱毛サロンは医学的な知識がないこともあり、不適切な断り方をするサロンもあります。そのため、カウンセリングに行って傷付いて帰ってくる人もいます。特に体質などの関係で改善が難しい理由を持っている人は最初から、その理由があっても脱毛できるサロン・クリニックを選ぶのが無難です。

ただし、日焼け直後など肌が極端に弱っている状態だとメディオスターでも脱毛できないので、施術が近いときは紫外線を浴びないよう十分注意しましょう。日焼け後のほてりが収まれば施術可能なので、海やプールなどの予定を立てるときはクールダウンの期間を考慮して計画しましょう。

脱毛回数ごとの効果は?

手足や脇など、毛が抜けやすい部位は平均4回で完了します。産毛や髭など抜けにくい毛が多い部位は、完了するまで平均6~10回程度かかります。剛毛の人や毛が太い脇・V/Iラインは抜けた毛が目立って自分で気が付きやすいので、最初の1~2回で毛が減ったことを実感する人も多いです。

クリニックの脱毛プランは5~6回のものが多く、回数が多くかかる部位でも2回契約すれば大体の人が完了できる計算です。

ただし、誤解する人もいますが他のレーザー脱毛と同様に、施術当日はまだ毛が抜けません。実際に毛が抜けおちるのは施術後10日~2週間後くらいです。指で軽くつまむとスルスルッと抜けるので、普段自然に抜け落ちるのとは違うことがわかります。早まって施術当日や翌日に「効果がなかった」と慌てないようにしましょう。

痛みがほとんど無いというのは本当?

少しチクチクしますが、特に痛みを感じやすい鼻下の髭脱毛も麻酔なしで大丈夫な程度です。脱毛しているのかどうか、よくわからなかったと言う人もいるほどです。腕など痛みを感じにくい部位の脱毛では、施術中に寝てしまう人もいます。効果が高いレーザー脱毛器の中では、もっとも痛みが少ない機種です。

参考までに、他のダイオードレーザー脱毛器は「麻酔なしでも何とか我慢できる痛さ」です。他の機種も従来のレーザーに比べればかなり痛みは少ないですが、施術中に居眠りするのは難しいでしょう。

メディオスターを導入しているクリニック

メディオスターはまだまだ導入しているクリニックは少ないです。メディオスターは以下のクリニックに導入されています。

ちなみにクリニックの公式サイトを見るとメディオスターとして青い機械と白い機械が紹介されているケースがありますが、青い機械がメディオスターNext、白い機械がメディオスターNext Proになります。

まとめ

いかがでしたか?メディオスターは、効果が高い医療脱毛器の中でもっとも痛みが少ない機種です。最近の研究で「毛根を破壊しても、バルジが残っていると毛が再生してしまう」可能性が指摘されているので、バルジを破壊してくれるのも大きな魅力です。

肌質を問わないので、脱毛を断られがちな人の救世主でもあります。色素の薄い毛だけは脱毛できないので、白髪などを脱毛したい人はソプラノかライトシェアデュエットを検討してみてくださいね。

【2017年7月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】