医療レーザー脱毛でシミ・そばかすは消える?

医療レーザー脱毛を受けた場合、もしかしたらシミの原因を作ってしまうかもしれない、と言う不安を抱えている人は多いようですね。

しかし、実際には逆で、シミを薄くする効果があるのです。

医療用のレーザーは、シミや肝斑を消す際にも利用されるものです。

医療レーザー脱毛でもよく使用されるアレキサンドライトレーザーは、お肌の奥深くにあるメラニンに作用をし、シミや肝斑を消す施術があります。

医療用レーザーという大きな括りで考えてみても、効果を期待することが出来るのです。

実際に医療レーザー脱毛の施術を受けた人の中には、シミや薄くなったと実感をしている人が多いのです。

副作用としてシミが出来てしまうどころか、消すことが出来るという良い効果を得ることができるというわけですね。

シミ・そばかすを消すレーザー

では実際にはどのような種類のレーザーを使って、シミを消していくのでしょうか?

一般的にはヤグレーザーアレキサンドライトレーザールビーレーザーを使うことが多いです。
消したいと思っているシミの種類や部位によっても異なってくるのです。

こちらの記事にも書きましたが、アレキサンドライトレーザーは脱毛効果だけでなく、シミやソバカスを消す美容医療でも利用されているんですね。

関連記事:ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの違いは?

レーザーは照射をすると痛みを感じてしまうのではないか、と不安になる人もいるようですが、そのようなことは最近では起こらなくなってきています。

痛みもなく、特別に熱いと感じることもなく、キレイにシミを消すことが出来るので、需要も高まっています。
施術も受けやすくなっていますし、コストについてもリーズナブルになってきているのです。

シミは色素沈着が原因で起きてしまうものです。
紫外線の影響であったり、傷が原因のこともありますが、他にも遺伝要素であったり加齢が原因となっていることもあるのです。
自分がどのような原因によってシミが出来てしまったのか、ということも知っておくと良いかもしれません。

医療レーザー脱毛を行うことによって、気になる部分のシミも消すことが出来れば一石二鳥ですし、キレイなお肌を手にいれ、また若返りの効果も得ることが出来るようになるので、悩んでいるのであれば、美容外科や美容皮膚科に相談をすると良いでしょう。

【2017年7月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】