医療レーザー脱毛は効果が高く、脱毛サロンよりも少ない回数・短い期間で脱毛できる反面、「痛かった」と言う話も多く聞きます。現在脱毛を検討している人の中にも、レーザー脱毛に魅力を感じながらも痛みが不安で踏み切れない人がいると思います。

そこで「実際どの程度痛いのか」を脱毛器の機種ごとに、特徴と併せてご紹介します。一番痛みの少ない脱毛器と、近くのクリニックで扱っていない場合の対策もご紹介するので、痛みが怖くて脱毛できない人は必見です。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの格安キャンペーン最新情報まとめ

ダイオードレーザーは痛みが少ない

脱毛レーザーの中で、脱毛効果が高く痛みが少ないのはダイオードレーザーです。以前は脱毛レーザーと言えばアレキサンドライトレーザーが主流で、日本人の肌に合い効果も高いのですが、痛みが強いのが大きな欠点でした。

ダイオードレーザーは従来のアレキサンドライトレーザーと同等の脱毛効果を得られ痛みも少ないので、近年はこちらが主流になっています。最新機種は特に痛みが少なく人気です。

ダイオードレーザーの最新機種

痛みが少ないダイオードレーザーの最新機種について、詳しく見てみましょう。

ライトシェアデュエット

照射ヘッドに冷却装置が付いていて、肌を冷やしながら脱毛できるのでレーザーの熱による痛みが少なくなっています。また、肌を吸引して照射ヘッドを皮膚に密着させるので効率よくレーザーを毛根に当てることができ、低い出力で脱毛することができるのも痛みが少ない理由です。

しかし、従来のレーザーよりはかなり痛みが少ないものの、全く無痛と言うわけではありません。サロンの光脱毛よりも出力が高く短期間で効果が出せる反面、それなりの痛さも伴います。

「結構痛いけれど、麻酔なしで我慢できる」と言う感想を持つ人が多いです。参考までに、従来のレーザーは「脇など狭い範囲は何とか我慢できるけれど、背中など広範囲は痛いので無理」と言う人がちらほらいます。そして従来のレーザーの痛みを知っている人は、ライトシェアデュエットで脱毛すると「あまり痛くないから効くのか心配」と思う人もいます。

痛みに関しては「それなりに痛いけれど、従来のレーザーに比べたらかなり痛みが少ない」が正解です。黒い色に反応するレーザーの性質を利用するので、色素の濃い肌は脱毛できません。多くのクリニックで導入されています。
関連記事:ライトシェアデュエットの脱毛効果と痛み、導入クリニックまとめ

ソプラノ

一般的にレーザー脱毛器は毛根に熱を加えて破壊しますが、ソプラノは毛根を覆っている毛包にアプローチします。毛根を狙う方法と違い、熱が一点に集中しないので比較的痛みが少ないです。しかし、痛みの質は違いますが、痛みの強さはライトシェアデュエットと同程度です。

黒い色に反応するレーザーを利用しないので産毛や白髪にも効果があり、色素の濃い肌も脱毛することができます。また、アトピー肌も脱毛可能です。導入しているクリニックが少ないのがネックです。
関連記事:ソプラノ脱毛まとめ【痛み・効果・導入クリニック】

メディオスター

痛みの程度は、「切れ味の悪いハサミが毛に引っかかる感じ」で少しチクチクします。高い効果を得られるレーザー脱毛器の中では、もっとも痛くない機種です。他のレーザー脱毛器は毛根にアタックしますが、メディオスターは発毛因子細胞(バルジ)と呼ばれる、毛の元となる細胞にアタックします。

毛根をレーザーで破壊するには高い温度を必要としますが、バルジを破壊する場合はダイオードレーザーを小刻みに当てて、体温に近い温度の熱を細胞に蓄熱させることで破壊できます。急激に高い温度の熱を加えないので痛みが少なく、肌への負担も少なく済みます。

肌への負担が少ないので、日焼けなどで色素の濃い肌やアトピー肌など敏感肌も脱毛できます。しかし色素の薄い毛には効果が出ないので、白髪などは脱毛できません。導入しているクリニックが少ないのもネックです。
関連記事:メディオスターの脱毛効果と痛み、導入クリニックまとめ

医療脱毛レーザー痛くないランキング

痛みの少なさ第一位はメディオスター

ただ、まだ導入しているクリニックが少ないのが大きな欠点です。ソプラノも、痛みはライトシェアデュエットと同程度ながら脱毛できる毛質・肌質がライトシェアデュエットより広いので2番目に優秀と言えます。しかしこちらも導入しているクリニックが少ないのが大きな欠点です。
関連記事:メディオスターの脱毛効果と痛み、導入クリニックまとめ

総合点ではライトシェアデュエットが優秀

ライトシェアデュエットはメディオスターに比べると痛いですし、ソプラノと比べると色素の濃い肌を脱毛できない欠点があります。しかし導入しているクリニックが多く、高い脱毛効果を考えたら痛みが少ないと言えるので、総合的に見るとかなり優秀です。特に、住んでいる場所をあまり選ばず多くの人が選択肢に入れやすい点は重要です。
関連記事:ライトシェアデュエットの脱毛効果と痛み、導入クリニックまとめ

痛みに関しては、メディオスターを導入しているクリニックが通えるところに無ければ、ライトシェアデュエットを導入しているクリニックを検討するのがおすすめです。

しかし、近くにメディオスターを導入しているクリニックがなく「メディオスターがよい、どうしても痛いのはイヤ」と言う人もいるでしょう。そう言う人には、回数と期間が多くかかってもよいのであればメディオスターと同じ脱毛理論で全く無痛のハイパースキン脱毛もあります。ハイパースキン脱毛は、大手サロンではディオーネで受けられます。

まとめ

いかがでしたか?「ムダ毛の悩みから解放されたいけれど、痛いのは怖い」と言う葛藤は多くの人が抱えていると思います。しかし、敵を詳しく知れば恐怖も軽減しますよね。記事を参考に、自分に合いそうな脱毛器を探してみてください。

痛みの少なさではメディオスターが一番のおすすめですが扱っているクリニックが少ないので、普及率の高いライトシェアデュエットも総合的に見るとよい脱毛器です。

脱毛は完了するまで継続することが大切なので、続けられそうな脱毛方法を選んでくださいね。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】