昨今のレーザー脱毛の技術は日々進歩しています。
昔とは違い、痛みもほとんどありません。

そのレーザーの仕組みは、黒色にだけ吸収される光をあてることで、毛根の黒色の色素に光が吸収され熱のエネルギーに変わり、その熱のエネルギーで毛根の組織を破壊するのです。

難しい書き方をしましたが、簡単に言うと「黒色に反応して脱毛をするレーザー」なのです。

そのため、色の薄いうぶ毛などを脱毛する時はレーザーが反応しにくいため、脱毛するのに時間がかかってしまいます。

効果を実感しやすいのは、肌と毛の区別がしやすい色白の方や毛の色が濃い人なのだそうです。

逆に、色黒・地黒の方、日焼けをされている方はレーザーが肌の黒さに反応してしまうため、火傷や水ぶくれになってしまうことがあります。

そうならないために、施術する前には色素の数値を測るのですが、その時に数値が高いと脱毛を断られてしまうそうです。

「脱毛したかったけど色黒だからできないと言われた…」とショックを受ける女性もいるかと思います。

色黒の方でもできる脱毛はないのでしょうか?調べてみました。

ですがその前に…。
お店によって基準になる色素の数値は違うのだそうです。
最初のお店で脱毛を断られてしまっても、他のお店では大丈夫ということもあるんだとか。
お店を変えて脱毛できるようになるのは嬉しいけど、基準値って結構曖昧…というか適当なんですね。

では本題に入ります。
レーザーにはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなど多くの種類があります。
その中には色黒の方でも安全に脱毛できるレーザーもあり、ダイオードレーザーやジェントルヤグレーザーが挙げられます。

レーザー脱毛が不可能な場合、ニードル脱毛いう方法もあります。
針で行うものなので、時間がかかり痛みも強いですが永久性があり確実です。

色黒でも地黒でも、安全に脱毛できるレーザーは意外とありました。
クリニックやエステサロンでも「色黒・日焼け後でもできます」とHPに記載されているところはあります。
まずは諦めないで、ひとつのお店だけではなくいろんなお店やクリニックを視野にいれて、考えてみると良いかもしれませんね。

しかし先にも書きましたが、お店やクリニックで色素の基準値にはばらつきがあり、きちんとした決まりがないのが不安要素ではあると思います。
色黒と自覚している方や日焼け後の方は、医師やスタッフに必ず相談してから施術を受けるようにすることが大事ですね。

【2017年10月版】医療脱毛クリニックの料金比較

全身脱毛【医療】 | VIO脱毛【医療】 | 顔脱毛【医療】 | 腕脱毛【医療】 | 足脱毛【医療】 | 脇脱毛【医療】